アスタキサンチンが多い食べ物は何?肌荒れや肌トラブルを予防

食の話

ハダが劣化して老けて見られるのだけは勘弁してほしい…!

女性ならいくつになっても若々しく思われたいですよね。

そんなハダ年齢を若く保つために注目されている成分が「アスタキサンチン」です。

美容効果が優れていることから近年、話題になってます。

そんなアスタキサンチンとは何か?

今回は、どのように美容効果・効能が期待できるかをご紹介していきます。

ハダ年齢を左右する 〝サビ〟ストップ活性酸素

ハダ年齢を左右させてしまう2大要素は、紫外線と乾燥が原因。

その他に生活習慣も原因の1つ。

また、活性酸素が活発になると「ハダをサビ」らせてしまいます。

いわゆる「老化」です。そこで天然の抗酸化物質と言われている「アスタキサンチン」の出番となります。

なんと!抗酸化力は ビタミンCの約6,000倍!

アスタキサンチンのものすごい抗酸化力の中でも「一重項酸素」を消去する力が強い。

「一重項酸素」とは、良くも悪くも細胞にダメージを与えて破壊する能力がある。

治療目的では「抗がん剤」としての活用も期待されている一重項酸素。

その活性酸素を除去するアスタキサンチンのパワーは、さまざまな美容成分と比較してもダントツに高いのです。

β-カロテンの約40倍。ビタミンEの約500倍。

コエンザイムQ10の約800倍。

ビタミンCでなんと約6,000倍も。

ハダのダメージが蓄積してシミ・シワになる前にアスタキサンチンでケアしてくことで、

ハダのエイジングケアが期待できるのです。

アスタキサンチンの効果ある?

美容にいいのは十分わかったけど、他にも効果効能ある?

の疑問に対して少しだけ触れておきます。

美容以外にも効果があるなんて、まるで魔法の薬のようですね。

ここでは、美容目的でアスタキサンチンを取り上げているので、効果・効能は過剰書きで紹介します。

細かい詳細は、随時取り上げて行きます。

健康に関する アスタキサンチンの効果・効能

・眼精疲労の軽減や予防

・薄毛対策

・ダイエット効果やメタボ対策

・疲労回復

・筋肉痛の予防

・血管年齢の老化予防や動脈硬化の予防

・脳の老化や病気の予防

・自律神経を整える

・腸内環境の改善

などが、アスタキサンチンによって効果があるとのことでした。

美容にも健康にも効果あるということは、アスタキサンチンが話題になるだけのことはありますね。

是非とも毎日摂取したいとこです。

アスタキサンチンを多く含んだ食材

また、1日の目安は「6mg」摂取したいところ。

食品名 100g当たりの保有量
桜エビ 7.0mg
オキアミ 3.0~4.0mg
紅鮭 2.5~3.7mg
イクラ 2.5~3.7mg
金目鯛 2.0~3.0mg
毛ガニ  1.1mg
甘エビ 0.8~1.0mg
キングサーモン 0.9mg
すじこ  0.8mg
白鮭  0.3~0.8mg
 車海老  0.6~0.7mg

パッと見て、アスタキサンチン高級だなぁ…!

毎日6mgを摂取するのに、どれだけの量とお金がかかるのでしょうか。

これを見ると、桜エビや紅鮭あたりが経済的にも良さそうですが、さすがに毎日食べ続けるのは現実的ではないですね。

桜エビに関しては毎日100g。無理です…!

高級食材は無理でも サプリメントは?

アスタブライトというサプリメントは安くておすすめでした。

1日3粒当たり8.1mgで、1日に摂取したい「6mg」を余裕でクリアしてます。

他にも美容成分が含まれていることを考慮するとサプリの方が手っ取り早いでしょうね。

食材で摂取するのもいいですけど、サプリなら効率よく美肌対策ができるのではないでしょうか。

いかがでしょう。

「美容×健康」オールマイティーに効果がある〝アスタキサンチン〟には驚かされるばかりです。

女の子は、今日からでも摂取したいと感じるのではないでしょうか。

今回は【ハダ年齢ヤバ?秘蔵っ子に注目「美容×抗酸化物質」〝アスタキサンチン〟】をご紹介しました。

ひぜ、毎日摂取して「美健女子」を目指しましょう。

タイトルとURLをコピーしました