年下の男性は「恋愛対象外」と決めつけてる?実は意外と相性がいい

女子トーク

近代では、年の差カップルというワードをよく耳にするよになりましたよね。

フランス大統領のマクロン氏が25歳の「年の差カップル」として話題になったのは最近のこと。

今まで「年の差カップル」は、現実的でない話でした。

がっ!近代では、増えてきているのが現状。

「年下の男性なんてありえない」なんて尻込みしないで下さい。

年下の男性と付き合うことで感じられるメリットやポイントをご紹介していきましょう。

〝年下カレ〟はメリットが多い

今まで「同年代、年上の男性」と限定的にしか、

お付き合いしたことない人には「年下の男性」に対し、別の意味でハードルが高いと感じるはず…!

ですが、実際は違うのです。

日本人に多い傾向ですが、年で判断してパートナーを探し、自らストライスゾーンを狭めている。

自分でチャンスを逃しているのと同じです。

まずは、固定観念を捨てましょう。

むしろ年下だからこそ楽しめることや、メリットがたくさんあるのです。

もちろん育った環境や時代の違い、考え方の違いからジェネレーションギャップは感じます。

だからこそ、割り切ることもできるし、相手に対して寛大にもなれる。

相乗効果で刺激しあえる関係が築けるでしょう。

男性にもメリットがあって背伸びする必要がないので、

「男性がリードしないといけない」というような枠に収まるケースも少なく、お互いが自然体な関係で居られるのです。

普通の関係だと話せないような弱音や本音も話し合える間柄に。

〝年下男性〟の選択肢で 世界が広がる

今まで年上や同年代の選択肢しかなかったけど、

新たに「年下というジャンル」を確立することで出会いが広がり、恋愛が始まるキッカケが増えることでしょう。

また、年下の男性は「結婚」になかなか踏み込んでくれない…!

など女性の意見もありますが、年齢に関係なく男性は結婚というシバリから離れたがる面も。

女性が何気なく結婚をニオわすもので、若い男性だからといってパートナー候補から外すのはもったいないでしょう。

恋愛に疲れた人には 〝年下がぴったり〟

なにかと恋愛に振り回されて疲れた!

よく見せようと無理をしたり、パートナーに合わせようと必死になったり、背伸びしたりなど…。

そんな疲れたあなたの救世主が、年下男性かもしれません。

年下男子が持つ1番の魅力といえば柔軟性や素直さ。

相手に対してありのままを受け入れてくれやすいし、見たままの姿を好きでいてくれる。

今までの恋愛みたいに無理をする必要もなく、自然体な自分でいれることで癒されるのではないでしょうか。

きっと自分に自信もつくでしょう。

知恵と体力で お互いがサポートしあえる

年が離れているからこそ、お互いのメリットでサポートできる。

経験が豊富な女性は「知識、知恵、包容力」が備わっている。

年下男子は、若さゆえの「体力、勢い、柔軟性」が備わっている。

お互いが足りない部分をサポートしあえるのが〝年の差カップル〟のいいところでしょう。

さまざまば場面でお互いの得意不得意がハッキリしているので、お互いに尊重しあえる良い関係が築ける。

凝り固まった思考を 刺激されて〝進化する〟

若い年下男性は、年上女性にとって「いわば新しい風」なのです。

女性に限らず、経験を多く重ねてくると、良くも悪くも考え方が凝り固まっている人は多くなる。

意識や行動範囲も狭くなりマンネリ化したルーティンを過ごしがちになる。

そこで「新しい風となり、刺激を与えてくれる」のが年下の男性。

例えば、海外旅行や知らない世界を知り、体感した時の〝カルチャーギャップ〟を感じたことはないでしょうか。

文化の違いや物の見方、考え方の格差の違いなど、経験して初めて刺激を受けるものです。

年下の男性も、自分の経験値にない「人物」に値するので、自分の知らなかった情報や「当たり前」と感じていた思考を良い意味でブチ壊してくれることも。

これまでにない視野が広がり、柔軟性が取り戻せるきっかけになるでしょう。

いかがでしたか。

まだまだ「年下男子」と付き合うメリットはたくさんあると思います。

無理に年下の男性を選ぶ必要ははくても、選択肢として「年下男子という世界観」に踏み込んでみてはどうでしょう。

今回は【実は相性バツグン「年下カレ氏×年上カノ女」のメリットとは?】をご紹介しました。

ぜひ、検討してはいかがでしょう。

タイトルとURLをコピーしました