女性には一生理解できない男性心理!生まれた時から価値観が違う

女子トーク

女性からみて男性は「男はいつも単純」「何もわかってない」「男っていつまでたっても子供っ」などという女性陣の声をよく耳にしますよね。

男性と女性では、本能的な違いや価値観から互いに理解しにくい。

そんな、女性とは違う男性心理を紹介していきましょう。

細かいことで競いあう

男は闘争本能を持って生まれます。男性同士がどうでもいい会話で熱くなっている光景を見たことありませんか?

「ドレッシングは青じそが1番うまい」

「いや、ごまドレが1番うまいんだって」

というように、女性からしたら

「そんなことでムキになってどうすんの?」と、めんどくさいなぁ〜って思う。

男性は、お互いの情報を会話で競う傾向があり、小さなことでも優位に立ちたがるのです。

男性同士は、プチ争いをしている反面、楽しんでいる節があるのです。

長電話をするのがキライ

女性同士の電話だと、他愛もない話で盛り上がって1時間くらい長電話することありますよね。

これは男女の「コミュニケーション方法」の違いが原因。

男性は「道具的コミュニケーション」つまり目的達成の手段として「用件を伝える」ツールとして解釈してる。

用件以外は、話がめんどくさくなり、長電話を嫌うのです。

女性の場合は、「表現的コミュニケーション」自分の感情を言葉にして表すツールとしている。

用件を伝えるだけでなく、自分の感情を表現する場でもあり、ついつい長電話になる。

大人になっても子どもっぽい

女性からしたら、大人になっても「子どもっぽさ」が抜けきれない男性は、

受け入れがたい人もいれば、可愛いから問題ない。という意見もある。

「少年のようなハートをもつ男性」と、言えば聞こえはいいですが、現実はそうではありませんよね。

いわゆる、大人の体をしていて、心や行動は自己中心的な子どものまま。

全ての男性に当てはまるわけではないが…!

その傾向としては、「男は立派でなければ」という社会的な通念に縛られ、

理想と現実の折り合いがつかず、義務や責任から逃れたいという男性特有のプレッシャーが働いているとのこと。

ムダな買い物

男性の買い物で、女性からしたら「マジいらないモノ」と感じる方も多いはず。

好きなモノを買う時に、収集する男女の心理に違いがあります。

男性は、全種類コンプリートしたい、レアモノを狙いたい、などと達成目標のために買い集める傾向がある。

また、日常生活で使用しないモノを買ったり、使用が目的ではなく、「飾る」や「鑑賞」など自己満足が目的。

女性には理解しにくいですよね。

また女性の場合は、日常生活で使用する目的のモノを買う傾向。

買い集めるというよりも、「着たい」「この服カワイイ」などがモノを買う原動力でしょう。

男性と違う点は、「収集」ではなく「使用したい」という自分を演出するためのアイテムとしている。

いかがでしたか。

男性と思考も価値観も違うので「男女同士のいざこざ」はあって当たり前かもしれませんね。

今回は「オトコ心がナゾ!女性が理解できない男性心理 4選」をご紹介しました。

ぜひ、男性心理を参考にしてみてはどうでしょう。

タイトルとURLをコピーしました