女性に便秘が多い理由の1つが運動不足!それでも楽で簡単な方法

暮らしスタイル

「食事」につづき、「運動」をテーマに便秘解消法をご紹介。

運動不足と比例して「便秘」は引き起こります。

今回はセルフで簡単にデキる便秘解消法を実践してみて。

運動不足で便秘になる? 〝腹筋〟を鍛えよう。

腹筋が弱いと、便をスムーズに運べなくなります。

排便を手助けする為にも、ぜん動運動を活発にすること。

そのためにも「腹筋」を鍛える運動をしましょう。

ただ、腹筋運動にポイントを絞らなくて大丈夫。

腹筋が衰えない程度の運動で良い。おすすめは、毎日続けられる運動がより効果的。

〝ウォーキング〟が無理なく毎日続けられる運動としておすすめでしょう。

背伸びストレッチ

足は肩幅よりも狭くして、つま先立ち。

手のひらを組んで、背伸びします。

最初は10秒くらいを小分けにしては背伸びを5回。

慣れてくれば、1〜2分キープしてみよう。

ジワっとゆっくり背伸びをすることで、腸内が刺激を受けて活発になり、便秘の解消へと繋がります。

実践するのは、起きた時の「朝」。

朝は腸内が活発に活動するので、一緒に背伸びストレッチをするとより効果的に。

気分もスッキリするので、毎朝試してみましょう。

お腹を凹ませる

息を吐く時も、吸う時もお腹を凹ましたまま1分キープする。

腹筋を鍛えることもできるし、インナーマッスルを鍛えることもできるので、ポッコリお腹も引き締まったお腹になります。

インナーマッスルが鍛えられると、内臓が正しいポジションにおさまり、腹圧も強くなることで便秘解消につながるのです。

「1セット5回を朝と夜に1セットずつ」から始めてみましょう。

うつ伏せに寝る

適度に自分の体重が刺激になり、マッサージ効果が期待できる。

ヘタに自分でマッサージするよりも〝ラクで簡単〟でおすすめ。

10分前後くらい寝転がるだけでOK。

読書、ケータイ、PC、仕事など、何かをしながマッサージできるので誰でもできますよね。

お腹が張って痛い人は無理をしないように。

適度な腸の圧迫で、 便秘の改善につながるでしょう。

猫のポーズ

このポーズの目的は、カラダを前傾に傾けることによって、下に下がりやすい腸内を正しいポジションに戻す。

おすすめは寝る前にするとより効果的に。

①足を肩幅に開いて四つん這いになる
②手を前に出し、おでこを地面につける
③この体勢をキープしたまま、深呼吸を5回

いかかですか。

4つともセルフで簡単にできるので、下剤などのお薬に頼る前に、セルフ改善をしてはどうでしょう。

便秘改善の「食事編」も合わせて実践してはどうでしょう。

今回は、「〝便秘〟に悩む女子はコレ。便秘解消法「運動&行動」4選」をご紹介しました。

少し便秘気味だなぁ~って思う方でも実践してはどうでしょう。

タイトルとURLをコピーしました