【便秘ケア】してますか?便秘になりやすい食べ物

食の話

便秘に悩ませられる女性は多いですよね。

下っ腹がポコっとでたり、病気のリスクはないのかな?

などと、便秘が引き起こす悩みは尽きませんよね。

そこで今回は、食事による便秘の原因を紹介していきます。

便秘になる原因

慢性的な便秘の人もいれば、食生活や生活リズムが乱れが原因で便秘になる人も。

便秘には、美容や体型、スタイルなどが崩れる原因ともいえる。

女性にとって良いことは1つもないでしょう。

また、下剤などを使うと一時的には解消できるが、また同じことを繰り返してしまうので、根本的な解決には結びつきにくい。

4つの視点から便秘になりやすい原因を知って、改善していきましょう。

食事や食生活に問題がある

動物性のタンパク質を 摂りすぎ=便秘の原因

いきなりですが、便秘の時は〝オナラ〟が通常よりも臭くないですか?

原因は「悪玉菌」が腸内環境を悪くしているのが原因。

悪玉菌のエサとなる好物は、脂肪分が多い食品や動物性タンパク質であり、

腸内で腐敗したことにより、硫酸水素やアンモニアを発生させて、オナラが臭くなる。

〝善玉菌〟を増やそう

腸内環境が良くなると言われている食材が、大豆製品や野菜、穀物類、などの植物性の食品。

これらの食品は「悪玉菌」とは違い、腸内環境を良くしてくれる「善玉菌」のエサとなので、日常的に摂取することで、改善されていくでしょう。

食物繊維の 不足は便秘になる

腸内環境を改善する為にも「食物繊維」は欠かせないもの。

いわば、腸内をキレイに掃除してくれる役割といって良いでしょう。

腸内の老廃物や不要な物質を吸着させ、排出する効果があります。

水分不足は 便秘を引き起こす

水分が不足することで、便が硬くなります。

硬くなることでスムーズに排便しにくくなり、便秘になりやすいということ。

原因としては、大腸に溜まっている便が多くの水分を吸収するので、体内の水分量が足りなくなると便が硬くなるのです。

汗や尿からも水分が奪われ、水分摂取が少ないと必然的に便秘を引き起こす。

水分はこまめに摂取しよう。

便通の為の水分摂取方法

水分はただ取ればいいわけではないのです。

水分が大腸に届くまでに、尿で排出されてしまうので、効果は低い。

大腸まで水分を運ぶには、食事と一緒に摂取することで食べ物と水分が腸まで届く。

水分摂取は便秘改善の基本となるので、便が硬い時は意識して水分と食事を一緒にとりましょう。

いかがですか。食事を改善するだけでも便秘を解消できるかもしれません。

今回は【〝便秘〟に悩む女子はコレ。便秘解消法「食事」】について紹介しました。

ぜひ、試していてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました