初対面の男性に使える!褒め上手テクニックでモテる方法

女子トーク

異性の男性にホメ上手を演じれますか?

きっと恋愛上手な女子は難無くこなせるでしょう。

男性は女性からホメられることは、どんな人であれ嬉しいものです。

ですが、間違ったホメ方をしてしますと、ワザとらしく思われたり、お世辞だと思われてマイナスイメージになってしまう。

そこで、〝ホメ上手テク〟を使って、あなたの印象を良くするテクを紹介。

他人の粗探しは上手× 良い面を探す癖をつける

とっさの誘いで、異性との合コンや飲み会や〇〇パーティーに誘われたとします。

気になる異性が現れた時に、いきなりホメるのは無理があります。

それこそ、ヨソヨソしくてワザとらしさが全面にでるでしょう。

ですが普段から意識すれば、このような局面でも、ホメ上手になることができる。

普段の仕事やプライベートでホメる癖を身につけましょう。

言い換えれば、相手の良いところを探すこと。これがなかなか難しいのです。

他人にネガティブ思考の人はきっと悪いとこを探すのが上手なはず。

例:このような思考の人は、 考え方を変えればOK。

「よく喋る」は「話が上手」

「いちいち細かい」は「繊細な人」

「歌がヘタ」は「気持ちがこもっている」

「遊んでそう」は「社交的」

「タイプじゃない」は「優しそう」

「遅い」は「丁寧」

「めんどくさい人」は「思いやりがある人」

このように見え方を変えると面白いですよね。

ポジティブに変換することで長所や良いところとしていっぱい見えてきます。

粗探しのネガティブ思考は良くありません。

誰しも気持ちの浮き沈みがあるので、コントロールすることは難しいですが、

普段からポジティブな捉え方を意識すれば、あなたの周りに人が引き寄せられるでしょう。かんたんですね。

男性の第一印象をホメる

男性は本能的に、誰よりも優位に立ちたいという心理があります。

飲み会や合コンなどで、意中の男性がいたら「このメンバーで1番タイプかも…♡」

何て言えたら男性は喜ぶでしょうが、いきなりストレートなワードはぶっ込めないですよね。

そんな時は、カレの持ち物や服装、表情についてホメるといいでしょう。

特に男性には表情や雰囲気をホメられると、素直に嬉しいもの。

服装で言えば、アクセサリーや靴、ネクタイはホメやすいので効果的。

〝iメッセージ〟 でカレをホメる

「私は〇〇と思う」という気持ちを+した言い方。

自分の気持ちや感じたことを相手に伝えるやり方で、相手に対する評価ではなく、「私はこう思う」という個人的な意見。

これにホメ言葉が乗っかると信憑性があって男性は素直にガッツポーズ。

「iメッセージ」と 普通のホメ言葉の違い

例えで違いを比べてみたら。

普通のホメ言葉

①「〇〇さん、の時計ってステキですね」

②「〇〇さんは、話が上手ですね」

「iメッセージ」

①「わたし、〇〇さんの時計ステキだと思う」

②「わたし、〇〇さんの話、上手だと思います」

わかりますか。

普通にホメる時は「相手を主語にした言葉」です。

これは一般的なホメ方で、慣れたら「iメッセージ」でホメると、男性からの印象がガラリと変わります。

ホメることに抵抗を感じる人は、無理にホメようとせずに、見たままを伝えればOK。

「髪型かえましたね」「スーツが変わってる」「最近ヤセました?」など、

普段と違う点を言うだけでもホメ言葉として相手に伝わります。

ホメ上手になるには、 ホメられ上手になる

日本人に多い特徴で、ホメられたら「謙遜」する人が多いもの。

相手がせっかくホメてくれたのに、「イヤイヤ」「そんなことないです」と相手に対して、謙遜するのです。

これでは、ホメた方はどんな気持ちになるのでしょう。

逆に、自分が相手にホメる時に「謙遜されたり、拒絶されたらどうしよう」と素直にホメることができません。

ホメ上手になる為にも、まずは自分が〝ホメられ上手になることです。

ホメられたら「ありがとう」や「嬉しいです」など、抵抗なく素直に受け止めるように意識しましょう。

いかがでしたか。

ちょっとした日常生活で「損」をしていると感じた人もいるのではないでしょうか。

素直の受け止めることと、ポジティブな考え方は自然と「ホメ上手テク」が身につきます。

また人を引きつけるステキな魅力が身につくかもしれません。ぜひ、実践してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました