仕事に関する引き寄せの法則!簡単なコツを知る

暮らしスタイル

男女問わず、誰からも好かれて好印象の人っていますよね。

このような人の特徴は仕事も人間関係も上手。

初対面の人と接する時の「コツや方法」を意識するだけでOK。

昔の〝Yesマン〟よりも〝キッパリマン〟が周りからの信頼が熱いし好印象。

そんな現代の「好かれる、頼れる、いい人」のコツとは。

〝働き方改革〟で 仕事スタイルを変える

仕事スタイルが変化しているような実感ないですか。

スタンフォード大学の研究者が発信した働き方が、世界的にも主流になりつつあるとのこと。

その内容とは、上司が部下たちを引っ張っぱる、これまでのスタイルよりも、チームとなって全員で提案していくチームワーク型スタイルが、成果があがるとのこと。

このような背景から、日本でもちらほら働き方改革が起こっているのが現状。

より一層、個人の意見が求められる時代になってきてますよね。

ですが、思ったことを何でもかんでも伝えればよいわけではありません。

上司の顔色だけ伺うような以前までとは違う。

今は個人の意見が会社や社会にとって大切なんです。

そこで、必要なスキルが求められるのは、「相手を不快に思わせない話し方」と「上手な距離感の関係」を身につける。

ハッキリ伝えれば嫌われるんじゃないかな~っと思いますが、

身につけることで、ハッキリ発言しても好かれる「感じがいいな~」と印象づけることが可能になります。

最近の〝好印象〟を 持たれる3つの特徴

①忙しい人の 時間にあまり触れない

仕事のお願いをする時は、手短に伝えることがポイント。

たくさん仕事を抱えている人は、さまざまな理由で忙しい。

その人の限られた時間の中で、さらに仕事で時間を埋めることになる。

ダラダラと事細かに説明するのではなく、要点を簡潔にまとめて伝える能力が求められるでしょう。

少ない時間で伝えることで、相手の時間を奪わないのは信頼される条件。

②本音で 気持ちよく話してしまう

よい人間関係を作るためにも、気持ちよく本音で話すことが大事でしょう。

「信頼関係やいい仕事」を引き寄せるためにも必要なスキル。

言葉は必要最低限の情報を伝えるだけでなく、

ちょっとした「コミュニケーション」や「いい雰囲気」を生み出す会話もスキルとして大切。

③「一緒に仕事したいな」 と思われる

仕事やプライベートでも初対面の人と接する機会は多いはず。

人は、会って0.何秒で第一印象が決まると言われています。

表情や声のトーンなど、相手によい印象を残すためにも、最初の2〜3分は頑張りましょう。

いかがですか。

たった3つを意識するだけで、あなたの印象は大きく変わるのではないでしょうか。

日常的に意識してみてください。

タイトルとURLをコピーしました