ダイエット後も食事制限なし!コレならデブ飯でもリバウンドしない

暮らしスタイル

リバウンド経験者は、かえってダイエットしないほうがいい!ムダ…

[chat face=”IMG_0173-1.jpg” name=”” align=”left” style=”type1″]ダイエット後のリバウンドが恐ろしくて、何を食べていいか悩みませんか?[/chat]

ちょっと辛口ですが、私からすればダイエット後の食事に悩んでいる時点で、デブ予備軍の可能性を秘めてます。

というのも、ダイエットの食事だろうが、普段の食事だろうが、私が推奨する方法は、そもそも太りにくいです♫

私も実践していますが、そもそもダイエット目的ではなく、「美容」と「若返り」を目的としてやっている方法です。

やることはたった1つだけ!ダイエット後、デブ飯食べたきゃ食べてもいいけど、1つのルールさえ守れば、食事の吸収率はガクンっと下がります。

・ダイエットに成功しない!

・逆にリバウンド!

こうゆう人たちは、基本的な食事に問題があるので、改善するだけで間違いなく痩せれると思う。

ということで、リバウンドするメカニズムや、デブ飯でもOKな食事方法を書いていきますね。

なぜリバウンドするのか?

もし、これに該当する人は今すぐやめてください。逆に言えば、リバウンドしない理由を知れば気兼ねなくダイエットもできる♫

というワケで早速、紹介していきます。

摂取する食事にバラつきがあるひと

コーヒーが好きでコンビニに良く行くのですが、よく見かける光景があります。

それは、ぽっちゃりの人は「カロリーが低い春雨スープ」だけを買っている…!

実は、こうゆう人は太りやすいです。そりゃ〜、朝昼晩も春雨スープなら痩せるでしょうが、そんなワケがない…!

一時的に春雨スープによって痩せたように感じるかも知れないけど、ただ水分が抜けた可能性が高いです。それくらいじゃダイエットにはならない。

やりたいことはわかります!要は食事制限でダイエットをしたいワケです。

この場合、太る仕組みはこうです。

食事制限→通常食(過食)

これをしてしまうとアウトです。例えで言うと、助走をつけてジャンプしているようなものです…笑!

食事制限をした後の私たちの体は、スポンジです!通常通りの食事が、制限をしたことで「過食」になるのです。

これが定番のリバウドってやつです!ダイエットしているつもりじゃなくても、このルーティーンをやってしまうと、太りやすいのでやめましょう。

ダイエットで筋肉を減らさないようにする

栄養不足のダイエットが1番ダメな方法です。肌にも悪いし、老化を進めるようなものです。

その中でも、筋肉量を落とすことでデブサイクルにハマる。

ダイエットをしていると、見に見えて体重が減っていると、成功したように思えるが、体脂肪が減ったかどうかは微妙です…!

筋肉は、タンパク質や栄養をきちんと摂取していないと、筋肉量が落ちます。

さらに、筋肉は脂肪よりも重たいので、筋肉量が減ったことによって体重が軽くなる場合があります。

しかも、筋肉量が低下すると「代謝」も低下して、脂肪が燃焼されにくくなる。

この話をまとめるとこうです。

栄養不足

筋肉低下

代謝が落ちる

痩せにくい

ダイエット失敗

通常食

リバウンド

まさにデブサイクルです。栄養不足のダイエットをするよりも、食べて痩せる方法にシフトした方が良さそうですね。

糖質制限はやめた方がいい

ある程度の糖質は、体を動かすためのエネルギーなので必要。また、脳の6割は脂質でできていて、かなりのエネルギーを消費する組織なので、最低限の糖質は取りましょう。

ポイントは、糖質を摂取するタイミングです。

米類を最初に食べてしまうと、血糖値が上がって吸収率も上がってしまいます。

なるベく、ご飯などの糖質は最後に食べるなどの工夫をすればOK。

最初の一発めの食事だけを意識する

ここからが本題ですが、

『1番重要なことは、血糖値を急激にあげないこと!』

よく、昼ごはんを食べたり、食事の後は睡魔が襲ってきませんか?

この場合、血糖値が急激に上がったことによる作用ともいわれてますが、血糖値の上昇は脂肪を溜め込む働きがあるのです。

食事をすると血糖値が上昇し、下げるために膵臓からインスリンというホルモンを分泌。

すると、血糖値を下げる作用とともに、血中の糖分を脂肪に変換して体に蓄積する働きをします。

さらに、いきなり血糖値を上昇させる食べ物を最初に食べてしまうと、インスリンが必要以上に分泌して、余計な糖質を脂肪に変えてします。

もっも言うと、急激に上がった血糖値は、急激に下がる働きによって、食欲を増進する作用があるので、ダイエットとは真逆の効果です。

まぁ、ジェットコースターみたいな急激な変化をしなければいい。

ということで、血糖値をあげない食べ方を紹介していきます。

血糖値を急激に上げない食事方法

この冒頭の画像は、私が実際に昼ごはんを食べる前の前菜として食べている画像です笑

その後、普通にラーメン屋さんで昼ごはんを食べたり、ハンバーグ定食を食べたりしてます。

それでも太らないし、この食事法にしてからは逆に痩せました。

ポイントは、最初に「大さじ1杯の酢」を摂取するということ。

なぜなら「酢」は、血糖値の上昇を抑える効果があるのです。酢を最初に摂取しておくと、酢の力で血糖値を緩やかにしてくれます。

詳しくは、こちらの記事を参考にどうぞ♫

404 NOT FOUND | エスコートコラム
悩み不安に女性向けガイドブック

酢を飲むのは抵抗があるので、私の場合はドレッシングに酢をガッツリ入れて摂取するようにしてます。

さらに油にもこだわっていて、今流行りのアンチエイジング効果がある「エゴマ油」です。名付けて:アンチエイジングドレッシングです笑!

エゴマ油の記事も合わせてどうぞ!

404 NOT FOUND | エスコートコラム
悩み不安に女性向けガイドブック

食べるスピードも大事

このサラダでも、10分以上かけて食べます♫それでも男かぁ〜ってなるけど、本当はガツガツいきたいところ!笑

ですが、いくら酢を摂取しているからとはいえ、早食いしては意味がない!

さらに、よく噛むことで「満腹中枢」が刺激され、食欲を抑える働きがあるセロトニンというホルモンを分泌します。

まずは、ダイエットをする前にこの食事方法をするだけでも、脂肪の吸収率が抑えられ効果はあると思います。

もちろん、個人差もあると思うけど、まずは食事方法から変えた方がぶっちゃけラクです。

サイゴデス

私がそうだったように、継続すれば確実に効果は現れると思います。方法さえ間違えなければ、太りやすい体質も打破できます。

また、私の場合は「若返りと美容効果」を目的としているので、毎日プチ断食はを実践してます。

ダイエットの延長で「プチ断食」やってみたいなぁ〜って方は参考にしてみてください。

404 NOT FOUND | エスコートコラム
悩み不安に女性向けガイドブック

私が実践しているプチ断食は「若返りホルモン」出す目的なので、ダイエット情報はあんまり出てきません…笑♫

でも、結果的には痩せます!というか痩せやすい体質を作ることができると思います。

まぁ、そこまでの領域になるにはファスティングなどで、体の脂肪をエネルギーに変換させるクセをつける必要があるのですが、普通の生活をしているだけじゃ難しいでしょう!

ファスティングに興味がある方は、私が実践している記事も参考にどうぞ。

若返りのために週1日ファスティングを1年以上続けた効果の感想
若がりたいが故に『死ぬまで週1日ファスティングをやめない』と心に誓って早一年。※2018年4月時点 毎週1...

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました