妊娠中!赤ちゃんが大事なら『生野菜やサラダ』の農薬はマジで注意

日本の野菜は安心だからOK!何て思っていませんか!?

日本って、安全安心みたいな「キャッチフレーズ」を売りにしているけど、この噂を鵜呑みにしている方は、自分の子供のためにも、今すぐ固定観念を捨ててください。

スーパーで売られているキレイな野菜や果物…!ハッキリって、残留農薬を多く含んだ野菜を口にしていますよ…!

大人の私達でも、この事実を知ると抵抗を感じるのに、小さいお子さんや妊娠している赤ちゃんに、影響がないワケがない。

かと言って、栄養のためにも全く食べないワケにはいかないですよね…!

ということで!大切な子供のためにも、より「自然派」に近い食べ物を摂取し、健康トラブルを未然に防いであげましょう〜♫

よかったら、参考にどうぞ☆

それでも農薬野菜を食べますか?

不思議なことに、日本の「農薬使用量」「食品添加物」は世界でもトップクラスと言われており、

日本で認められた農薬や食品添加物でも、ある先進国では発がん性の恐れがあることから、禁止している国も多いです。

毒性が強いと言われている「ネオニコチノイド系」の農薬は、

・米
・野菜
・果物

何にでも使われている万能な農薬とのことですが、果たして安全なのか?

NHKのニュースでは、日本の「いちご」や「みかん」など、残留農薬量がオーバーしていることから、「EUや台湾」から受け入れを拒否されたという、ツッコミどころ満載な事実もあるのです…笑

このような事実を受け入れながらも、自分が摂取する食べ物は、自己責任で厳選する必要がある。

しかし!百歩譲って、代謝能力が高い大人ならまだしも、小さいお子さんや妊娠している赤ちゃんには、決して「残留農薬」がいいワケがない!!

子供の体は小さいので、大人の4倍も多く摂取している計算になるとのこと!妊娠している赤ちゃんにも必ずといっていいほど影響は考えられる。

現に、生まれながらにして「奇形」や「先天性の病気」を持って産まれるケースも多く、原因の1つに「食べ物による農薬」も影響しているとのこと!

なので!決して日本が、安全に守られている国ではではないことを再認識してほしい。

有機野菜のメリット

最近は、健康や美容のために『有機野菜じゃないとダメ』という方も多く、無条件で安心して食べれることから、自然派食材の需要は増えています☆

その背景から、さまざまなスーパーで陳列されているのをよく目にしますよね♫

私も、形や色が多少悪くても、無農薬なら即買いします笑!そして、意外と安い♫

というワケで、無農薬野菜のメリットを紹介します☆

栄養価が高くて、味もウマい

実際に食べ比べてみても味の違いを感じ取ることは難しい…!私が直近で感じた感想でいうと!

私は、定期的に断食をしており、極限の空腹時は「五感」が超敏感になっており、

・甘み
・風味
・塩味
・苦味

など!断食後というのは、味がダイレクトに伝わってくる特徴がある。

感覚的には、いつものカップラーメンが、塩辛くて食べれない!というようなに、全て敏感になります。

そして、断食をした日数にもよりますが、食上げ後は「自然派食材」しか受け付けない状態になった経験をしたことがあります。

なので!一発目の食上げは「完全無添加」で「無農薬」を口にするようにしています。

要は、「化学物質」「農薬野菜」を口にした時に、ゲキマズすぎて全部吐き出したことがありました…!それくらい味の違いはハッキリとしています。

その観点から言わせてもらうと、「普通の野菜」と「無農薬野菜」の違いは、天と地の差くらい違うと言えます!

農薬を落とせるスプレー

現実的に、「無農薬野菜」を食べ続けることって難しいです…!スーパーに毎日陳列されているワケではないし、場合によっては通常よりも生産コストがかかっているので高い。

なので、私たちにできることは、農薬を控えることしかできないのです!

そこでオススメしたいのが、「農薬や展着剤」を落とせる画期的なアイテムを紹介します。

とりあえず、これをコレを見て…【ドン引き注意】

いつもなら、トマトなんて水でチャチャっと洗うだけなのに、ここまでくると…ぶっちゃげ危険を感じるレベル!笑

それでも、今まで通り野菜を食べ続けますか!?ハッキリ言って、素人でもこの衝撃映像を見たら100%拒絶しますよ!!

・お腹の赤ちゃん
・小さいお子さん

それだけでなく、自分自身のためにも「農薬」を少しでも除去して、食べてください。

これは冗談抜きで『自分の身は自分で守ろう〜』的なレベル…!これが口に入ることを想像すると、気持ち悪いので買うことを強く進めます。



1番安い「公式」で見てみる。 

ぜひ、参考にしていただき、子供達や自分の健康を守ってください☆

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました