ハワイ旅行!日本でドルに両替すると、私のように「損」するよ

ハワイ旅行3回目なのに、今だに「お金周り」に関しては、賢さが低い…笑♫

ハワイ旅行に行くため『あっ!時間ある時に、ドルに両替しておかないと忘れてしまう!!』と衝動的に行動してしまった俺は…バカ丸出しです!笑

2018年7月23日に、日本円からドルに換金したのですが、その時の相場は、

『1ドル:110.96円』

銀行で両替すると手数料込みで、

『1ドル113.96円』

どこの銀行で両替しても、手数料って大体こんなもんです。

ま〜手数料入ってこの差額なら大したことないな〜と思ったのですが、両替した金額が多かったのか、手数料だけで『5,101円』でした…!

まず、自分でもツッコミどころ満載なんですが、これだけはハッキリ言える…!

『そもそもハワイで、現金はほとんど必要ない!』

これは前回の反省点だったはず…!ハワイに行って実感したことなんですが、ほとんど「クレジットカード」で事足りるし、現金の出番なんて、チップくらいなもの…

日本人って現金主義なので、お金を手元に持っていないと落ち着かないのですが、海外ではクレジットで支払うのが当たり前だし、現金でボコスカ支払っているのって、マジで日本人だけ…!

そもそも、私みたいな大金を持って行くと、マジで危ないからオススメしません。

しかも、よくよく調べてみると、日本よりも現地のハワイで両替した方が、手数料も安いんですよ…♪~( ̄ε ̄;)

ということで、私みたいな無知の人は、絶対に損することになるので、どうか私を踏み台にし、ハワイに行く前の準備として、キッチリと参考にしていただきたい♫

ちなみに!日本からハワイまで、直行便なら約8時間!機内でキツイ思いをしたくない方は、こちらの記事も参考にどうぞ。

404 NOT FOUND | エスコートコラム
悩み不安に女性向けガイドブック

ハワイでめっちゃ便利な『楽天クレジットカード』持っているだけで、「無料でラウンジ」を利用することができます☆

【ハワイで便利なクレジットカード】楽天カードでラウンジ無料
今年、ハワイに行かれる方に、100%利用価値がある必須情報を見てくれ♫ 2017年8月にグランドオープンし...

ハワイで「現金&クレカ」を使うシーン

現金はあまり必要ないというけど…やっぱり持っていないと不安じゃないですか?

だからといって、私みたいに「1,700ドル」も両替すると、手数料で損してしまう…!これはハッキリ言ってバカです笑

なら『いくら両替する?』

これを把握した上で、まずは両替する金額を決めないと、帰ってきた頃には「ドル」がめっちゃ余った…という始末に!

ということで!

ハワイで現金やクレジットカードを使うシーンを紹介するので、大まかなシュチュエーションを想定し、最低限の金額を両替しておきましょう〜☆

現金が必要な場面

ちなみに、ワイキキなどのメインストリートには、いたるところにレンタル自転車が設置されており、チャリンコですら「クレジットカード」でもレンタルできるんですよ!!ビックリです笑!

確か、30分くらいで約7ドルくらいだったかな!日中は暑いので、夜の散歩がてらサイクリングするのはオススメ♫

話は外れましたが!

ここまでくれば、本当に現金いらないんじゃない!?と思いますよね。

しかし、現金が必要な場面も必ずあるので、しっかり把握しておきましょう〜☆

【クレジットカードが使えない場面】

・ちょっとしたサービスを受けた時のチップ
・ファーマーズマーケット(朝市)
・自動販売機(クレカ対応あり)
・露店で営業しているショップ
・現地の方がいくショップ
・ビーチのコインロッカー
・コインパーキング
・ビーチグッズレンタル
・街中のコインランドリー
・タクシー(クレカ対応あり)
・バス

無理やり絞り出してもこのくらいでしょ〜か。最近の出店や無人機でも、クレジットカードで払えるので、マジで現金の出番が少ないですよ☆

私の場合は、現金をしこたま両替したから、必然的に使わないといけないハメになったけど!気づけば小銭が大量に余るんです!…これは海外旅行のあるあるですね笑!

良心的なお店の方が、小銭だらけの私を見て!『全部小銭出せ!』と言われ、70ドルくらい小銭で支払ったのを今でも覚えてます笑☆

マジで優しすぎでしょう〜♫

その一方で、募金詐欺にも会いました笑!

警官みたいな格好で、笛鳴を鳴らされ!「ヒゲが伸びてるねぇ〜君〜」言われて!

『ハワイってヒゲ伸ばしたらダメなんかな?景観に引っかかる?』と思いながらも、署名みたいなの書かされて20ドル募金…約2000円!

しかも!名簿を見ると、日本人だけなんです!私はコレを「Japaneseカモ募金」と読んでます笑!

このコスプレ警官や募金詐欺には絶対に気をつけてください!

対策方法は、現金をあまり持ち歩かないこと!それと、小銭しか持ってないアピールをすれば、あっちから離れていくでしょう〜♫

もしくは、キッパリと断る!これが1番です☆

現金の場合は、このようなリスクもあるのでお忘れなく♫

クレジットカードが必要な場合

まぁ、基本的にクレジットカードはどこでも使えるとして!

必ず、クレジットカードを提示しないといけないシーンというのがある。

クレジットカードは日本と違って、支払い能力があるのか?など、その人の信用そのものを判断されるので、逆を言えば、持っていないと不便どころか!

信用がない旅行客と思われる。その為にも、クレジットカードは「2〜3枚持ち」していれば安心です☆

ということで、クレジットカードを提示する場面を紹介します♫

ホテルにチェックインする時

初めて海外に行った時に、

『How would you like to pay your deposit?』
預かり金は、どのように支払うか?

と尋ねられ!ワケ変わらず『あ、クレジットカードで!』と日本語全開で言った覚えがある笑☆

海外のホテルでは、一般的に「デボジット」という保険金や保証金といった目的で、一時的に預けるシステムになっている。

理由は、信用が無いから!

現金の場合は、相場的に100ドル!ここは、スマートにクレジットカードがいいでしょう♫

現金やクレカを預けると?

・ルームサービス利用
・ホテル施設内利用

など、要は宿泊料金以外で発生した際、クレジットカードや預けた金額から支払われるというだけの話です。

泊まって!はいサヨナラされたらホテルは損しますからね!そうゆう意味でも、チェックインするときは、クレジットカードだと楽なので、覚えておきましょう♫

レンタカー

ハワイにいくと、バスがグルグル回っているので観光には困りませんが、レンタカーだと、

・自由に行きたいところに行ける
・限られた時間を有効活用できる
・重い荷物でも、楽チン
・マニアックなスポット「インスタ映え」

など、ハワイに行ったら必ずあった方が便利です☆

その時に、運転者名義のクレジットカードを提示しなければならない。要は、信用のためです。見ず知らずの外国人に車をレンタルするんですからね!身分証明や信用のために、レンタカーを借りるも、クレジットカードは必要です♫

ハワイ行けば、レンタカー借りればよかった…!っと必ず思い知らされるので、日本にいるうちに予約しておきましょう☆

参考:ハワイのレンタカーを一括比較する 

結論!ドルは100ドルパックで十分

結果的に言えば、現金を使うシーンは少ないです。

なので、1人につき『100ドルパック』があれば十分でしょう!100ドルくらいなら大した手数料にはならないので、そこまで神経質にならなくても、さほど変らないでしょ〜♫

【両替ができるとこ】

・最寄りの銀行
・空港
・金券ショップ
・現地ホテル
・ワイキキ民間両替所
・DFS内の両替所

この中で、レートが低くて人気なのが、ホノルルにあるお土産屋さんで有名な『DFS内の両替所』が手数料が安いとのこと☆

割高なのは、ホテルや空港はレートが良くなとのことで、なるべく避けましょう〜♫

オススメのスタイルはコレ

・ドルは100ドルパック

・日本円は1万〜2万円

・クレジットカード2〜3枚

コレがハワイ3回目にして、ようやくたどり着いた答えです…笑

現金は盗難で無くなっても返ってきませんが、クレジットカードの場合は、盗難や不正利用でも保証してくれるので、メリットの方が大きです☆

最悪、日本円が無くなっても、クレジットカードでドルを引き落とすことができるので安心☆

なんども言うけど、大金は防犯上良くないので、滞在日数や現金を使うシーンを考慮して、最小限の現金をもっていきましょう☆

よかったら参考にしてみてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました