お風呂じゃダメ!ストレスを解消したい時は「温泉」で発散しろ

暮らしスタイル

お風呂くらいでストレス発散できるなら、それは大したストレスじゃない…!

別に、

  1. お風呂ではストレス発散できない
  2. 温泉の泉質がストレス発散にいい

と言っているワケではなく、温泉に入りに行くことも含めてストレス発散と言いたいのです♫

[chat face=”IMG_0173-1.jpg” name=”” align=”left” style=”type1″]

なぜ30代の若僧が、温泉をゴリ押しするのかというと、
私の場合は一言でいうと「若返りと健康」のためです。[/chat]

人によってストレス発散をしたい理由はさまざまですが、

いくら若返りや健康のために、食生活や生活リズムを正したとしても、

『頭がハゲるくらい重度のストレスを抱えていたら意味がないですよね?』

もう1つ例えるなら、

『超お金持ちでも、病気するくらいストレス抱えていたら?』

片一方がよくて、片一方が悪いというケースは稀ですが、

ストレスを強く感じている人は、悪循環にどっぷりハマっている事が多く、物事がうまく回らないです。

【仕事のストレス】

「仕事ストレス」→「仕事非効率」→「成績ダウン」→「給料に反映」→「やる気がでない」→「仕事やめたい」

仕事の一例ですが、ストレスは負の要素を引き寄せる性質があって、泥沼にハマってしまうことはよくある。

そのほかにも「恋愛、人間関係、金銭」など、人によってストレスはさまざまですが、上記のようなサイクルはどのストレスでも当てはまります。

という事で私の経験上、このようなストレスを抱えている時は、

『心も体も、違う環境に身をおくこと』

それこそが、世界で1番ストレス発散になると私は実感してます!

タフネスな人は、お家のお風呂で十分でしょうけど笑!

マラソンも走りっぱなしでは、体力もスピードも落ちる一方でしょ?

ジャンプする時も、一度しゃがんで助走をつけるでしょ?

私の持論ですが、ストレスを発散させることは、まさにコレと同じことが言えます!

ストレスを抱えている時って、なかなか行動しようとしないけど、思い切って踏み込んでみるといつの間にか、発散できていてプラス思考に変わっていたりする。

ストレスってそんなもんです…笑!

行動するのめんどくさいと思うかもしれけど、ダマされたと思って一歩踏み込んでもらいたいです♫

話がダラダラ長くなりましたが、

『ちょっと出かけて、温泉に入る』というのがポイントになるので、深掘りして書いていきますね。

家から遠ければ遠いほどいい

遠すぎても、移動で疲れたら意味がないので、日帰りできるくらいの距離がベストです笑♫

もっといいのは、『一泊してゆっくり過ごす!これが1番最強です♫』

重要なポイントは、

「日常」→「非日常」にチェンジさせるコト。

自分の意識とストレスが繋がっている状態から、「プツンっ」と切り離してあげるコトが大事なので、意識を脱線させるためにも、家から距離が離れている方がいい。

ストレス抱えている時は、脳ミソが毒されていて、別のことに頭が切り替わらないし、ましてや行動しようという気にならないです。

なので、あえて距離を少し遠くにすることで、自分の目に移る景色や状況が、「日常」→「非日常」へと切り替わるのです。

すると、ガチガチに縛られていた「ストレスのヒモ」が緩みはじめる♫

まぁ、家から近い温泉に行くのもいいけど、日常の延長なので「ストレス発散力」が低い!どうせ発散させるなら、少し遠くへ足をはこびましょう♫

温泉につかるメリットがすごい

いわゆる「シナジー効果」ってやつです!「温泉療法」というのがあるくらいですからね〜♫そりゃ〜ストレス発散にはめっちゃいいです。

また、ベタな効能みたいな説明をしたいところですが、泉質は地域によってさまざまなのでスルーしますね。

目的はあくまでもストレス発散!

複合的な効果が温泉にはあるので、そこを重点的に説明していきますね。

温熱効果でストレス発散

私がオススメしたいのは、ストレスを発散させるという意味では「ぬるま湯」がいいです。

ぬるま湯というのは37〜40℃以下の温度ですが、自分がリラックスできる温度であればいいだけの話です。

この、ぬるま湯によるリラックス効果は、自らON・OFFしている神経があって、副交感神経というOFFの神経が優位になり、寝る前のような気持ちいい気分にさせる効果があります。

また統計上、日本人は42℃の温度くらいが気持ちいと感じるそうですが、暑すぎると神経がONの状態になって神経が活動状態になります。

なので、

・「リラックス効果」→「ぬるま湯」
・「リフレッシュ感」→「熱めのお湯」

まぁ、人によって好みはあるから好きな方法で♫

水圧が無意識のうちにマッサージ効果

水圧って意外と強くて、肩までつかった時にかかる水圧は、500キログラム~1トンといわれてます。

小指の爪とかに、これだけの水圧が一点集中してかかれば、木っ端みじんですが笑!体全体なので、程よく圧力がかかってマッサージ効果が得られます♫

ポンプアップ効果というのがあって、入浴することで水圧により血管が細くなり、血流が心臓に向かって押し上げられる効果のことです。

この効果により、静脈の流れがスムーズになって、「血液・リンパ」などの循環が改善される。

また、水圧によって内臓が適度に刺激されることにより、内臓機能を活性化させたり、水圧で筋肉を適度にほぐす効果などが期待できるのです。

浮くことでリラックス

肩までつかると、体重は10分の1にまで軽くなり、陸上で常に負荷がかかっている筋肉が緩和します。

筋肉の緩みは、脳がリラックス状態になるので、一気にストレスから解放してくれる要素があります。

これに合わせて、泉質などの効果が加わると、より心身をストレスから解放してくれる効果が期待できるますよね♫

私が爆発的にストレス発散できた温泉

大分県の湯布院にある「金門坑。」

私も、定期的に温泉地を巡ってはストレス発散させてます♫そこで、かなりリラックスできた場所を少しだけ紹介します。

石垣の向こう側は森になっていて、国立指定公園?指定区域?そんな感じで、人から見られる心配はなく、大解放で素っ裸でも安心です笑♫

この「金門坑。」は『森林浴』を味わいたい人には絶対おすすめしたい!

少し霧がかかっていて雨も降っていたのですが、逆にその効果が、

「もの凄く癒してくれる雰囲気」を演出してくれました。

こうゆう神秘的な雰囲気を味われるロケーションは、個人的に晴れている時よりも、梅雨時期や雨が降っている時の方が、リラックス効果は高いと思う♫

・森の静かな音

・雨音

・鳥のさえずり

・トトロの森のような神秘性

まぁー、これを味わってしまうことのデメリットもあるけどね笑♫

・家に帰ってからの現実感…!

・ストレスをまた蓄積する毎日…!

そう実感するのが当たり前の心理なので、羽を伸ばせた証拠です♫

というわけで、ここはイチオシしたい場所です。よかったら参考にどうぞ♫

参考:「金門坑。」

いやいや待て!遠いし、高いわ!

そうなんです…!上記で説明した場所は、一人3,0000万円以上というハイクラス。めっちゃいい温泉地はその分、高いというデメリットがあるのです。

ということで、2パターンのサイトを紹介しますね♫

【ワンランク上】

めっちゃストレス発散したいから、どうせ行くなら「金額より質だ!!」って方に、上記で説明したワンランク上のサイト。

参考:www.ikyu.com

【リーズナブル】

「リーズナブルでいいから、とにかくストレスを発散したい!」そんな方にはコストパフォーマンス重視で探せるサイト。

参考:http://rurubu.travel

ということで、2パターンから探してみましょう♫

よかったら、参考にしてみてください!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました