えっ!!これが解けないとヤバイ。多角的脳トレ 5問題

暮らしスタイル

問題1(柔軟思考篇)

次の様な法則がある場合、漢字の「火」はどのような図形をあらわしますか?※答えは下

問題2(柔らかい思考篇)

日本の法律で、お酒やタバコは20歳から。かつては自動車免許は16歳で取得することができましたが、1968年に軽免許が廃止されたことによって、取得年齢が引き上げられました。では、現在自動車に乗れるのは何歳からでしょうか?※答えは下

問題3(算数篇)

ある飲食店オーナー原田さんが、クリスマスの1ヶ月前に七面鳥を1,000円で仕入れておき、儲けようと考えました。計画通り、その七面鳥はクリスマスの1週間前に、1,100円で売れました。ところが、七面鳥の値段がぐんぐん伸びているのを知って、原田さんは売ったばかりの七面鳥を1,200円で買い戻し、クリスマスの前日に1,300円で売りました。
さて、原田さんの儲けはいくらでしょうか?※答えは下

問題4(図形篇)

次の図形のうち、他の3つと明らかに違うのはでれでしょうか?※答えは下

問題5(暗号とパズル篇)

次の暗号はある有名な童話の歌い出しを表しています。その童話の題名はなんでしょうか?簡単な問題なのでノーヒントです。※答えは下

757541951331113757541951331113

答え
問題1の答え:四角形

ポイントは、漢字の画数に注目すれば、簡単に解けるハズです。元=4画=四角形、口=3画=三角形、青=8角=8角形、休=6画=6角形「火」の画数は4画なので「四角形」となるのです。
一言アドバイス:字や図形の意味にとらわれすぎると罠にハマります。

問題2の答え:0歳

質問にたいして説明がくどいですよね。ひっかけ問題だと思わないでください。運転できるのは18歳ですが、「自動車に乗れる」人は年齢の制限がありませんよね。
一言アドバイス:人が喋る長い話ほど中身がない。

問題3の答え:100円儲けたと答えた人は平凡な平凡な思考の持ち主かも!?200円損したと答えた人は商才あり

まともに計算すると(1,100-1,000)+(1,100-1,200)+(1,200-1,100)=100円になりますが、最初っからクリスマスの前日に売れば1,300-1,000円儲かったはずでした。ですが、原田さんが実際に手にした儲けは100円。つまり300-100円=200円損したとも考えられるのです。
一言アドバイス:商売は「売り手よし、買手よし、世間よし」ですね。

問題4の答えは:③

③の図形だけが、2つの円を描いている線が交差しているためでです。
一言アドバイス:物事を純粋かつシンプルに見た方がいいでしょう。

問題5の答え:童話「桃太郎」

五十音表に数字を振ると、1つの文字を2つから3つの数字で表すことができます。ポケベル世代の人は簡単でしたね。最初の「757」に当てはまる文字がないため「75=も、75=も、41=た、95=ろ、13=う、31=さ、113=ん」となり、童話「桃太郎」の歌い出しとわかります。
一言アドバイス:童話の名前が出てこなくても焦ることはないです。

あとがき

いかがでしたか。なかなか頭がこり固まっているとすんなり解けない問題ですよね。今回は、【えっ!!これが解けないとヤバイ。多角的脳トレ 5問題】をご紹介しました。最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました