3回会えばイチコロ!スリーセット理論で好印象を植え付ける

女子トーク

異性から一目惚れされたい。そんなに世の中甘くありませんね。そんな魔法みたいなことはデキないとしても、心理的テクニックで気になる異性の心を操ることができるかもしれません。今回は、スリーセット理論を利用して異性の攻略をご紹介します。

イギリスのセントアンドリューズ大学では、女性が男性に対する印象を3回に分けて調査しています。その結果、1回目から3回目まで回数を重ねるごとに印象が変わっていくことがわかりました。初対面から3回目で印象が固定化してしまうという理論が発表され、これを「スリーセット理論」と呼びます。

このような「スリーセット理論」の実験例がありました。

・1回目「悪い印象を与える」

実験で、まず最初に初めて会う男女を対面させた時に、男性は女性にワザと嫌われるような態度をとり、マイナスの第一印象を女性に植え付けます。この時点で、女性は男性に対して悪いイメージを持っています。

・2回目「悪い態度をとったワケを説明」

2回目で悪い態度をとった理由を説明します。辛い過去があって、人付き合いや話すことが苦手である事を告白します。

・3回目「優しい態度&謝罪」

3回目の対談では、男性は女性に対して優しい態度をとり、初対面での出来事について謝罪をします。こうした過程を経たところ、なんと9割りの女性が男性に対して好印象を持つようになったのです。つまり3回会える見込みがあるのなら、どんなにマイナスなイメージからスタートしても、その後の行動で大きくプラスに転換することが可能になるのです。第一印象からの大きなギャップを見せることによって好印象を狙えます。

良くも悪くも、3回で固まったイメージは、4回目以降はさらに強まります。そこから印象を変化させていくのは難しくなって行きます。なので3回目でも悪いイメージのままだと、収集つかない恐れがあるので注意が必要ですね。

あとがき

いかがでしたか?今回は「3回会えばイチコロ!スリーセット理論で好印象を植え付ける」をご紹介しました。最後までご覧いただいありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました