男性の謝罪法!女性必殺「仕事と私どっちが大事なの?」

女子トーク

もしかしたら男性なら一度は言われたことがあるセリフかもしれません。「私と仕事どっちが大事なの?」こんな時って、男性は何と答えるべきだと思いますか?

これを面倒だと感じてしまう男性がほとんどですが、今回は謝罪術をご紹介します。

男女は価値観が違う!謝罪術

男性と女性にはもちろん価値観の違いがあることは当然です。ですが理解していながらも価値観の違いに驚かされますよね。

男性は物質的なものに価値観を抱き、女性は人間関係などのお金には変えられないものに価値観を見出すものです。

男性は原始時代から他よりも獲物をたくさん取って価値観を発展させてきたのに対して、女性は他のグループやコミュニケーションを図ることによって家族の居場所という価値観を手に入れてきたのです。もともと本能としても価値観が全く違うのです。

そこてお互いの価値観が違えば、両者の行動も違ってきますし、時には衝突することも大いにあると思います。よくあるケースでは、カップルの記念日に男性が仕事を入れてしまった場合。

そこで女性から「私と仕事どっちが大事なの?」というセリフです。男性がどんな言い訳をしても基本的な男女の価値観が違うのだから、急な仕事であってもその重要性を理解をしてもらうのはなかなか難しいのです。

では、効果的な謝罪の方法は何か?

女性が謝罪を求めているのは、プレゼントのような物質的な代償ではなく、また次回の約束を守るようなことでも、解決策や対応策でもないのです。

必要なのは、女性の話をちゃんと聞くということです。この話を聞いて男性陣は、何で話を聞くことが解決策なの?って思うはずです。価値観が違うのだから理解に困りますよね。

男性は問題が発生すると、それをいかに解消できるかを重視して考えます。ですが、女性の場合だと問題の大きさをパートナーにも共感してもらうことが重要なのです。

男性からすれば、「仕事と私どっちが大事なの?」を聞いた時に「面倒だな」と感じてしまうのは、脳の発達の違いを理解していないからなのです。

それさえ分かっていれば、女性の言い分を聞き、共感する時間を作ることで問題を一緒に解決することができるでしょう。男性には物質的満足感、女性には精神的充実感。それぞれの価値が違うことを頭の隅にでも置いておきましょう。

あとがき

いかがでしたか?今回は、ウザい!女性必殺「私と仕事どっちが大事なの?」男性の謝罪法をご紹介しました。ぜひ、試してみてくださいね。ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました