必殺っ!飲み会に強制参加させる 一言とは?

女子トーク

最近の若い層がお酒を苦手としていたり、会社の飲み会に参加しないなどでコミュニケーションを図りたくてもなかなか上手くいきませんよね。

彼らからすれば、プライベートの時間や個人の主張を尊重するのが大事。ですが、協調性やチームワークも同じくらい大事なのです。そこで、今回は、飲み会を簡単に誘う方法をご紹介します。

集団心理に弱い日本人

ちょっと前に流行ったギャグで、「赤信号、みんなで渡れば怖くない」ってコトバ聞いたことありますよね。いい意味で日本人は、農耕民族の種族で団体行動や共同作業に長けています。

オリンピック競技などを見ていると、個人でズバ抜けてスゴいプレイヤーもいますが、どちらかというと、団体競技でたくさんの結果を残していますよね。

話は戻りますが、日本人に多く見られるのが、自分の意思を尊重するのではなく、多数派の意見に同調したり、流行に流されやすいなど、この効果を「バドンワゴン効果」と呼びます。

バドンワゴンの意味としては、パレード先頭の楽隊車のことを意味してます。先導するバドンワゴンの後ろを何も知らない一般人が疑いもなくついて行ってしますわけで、これほど危なっかしいことはないのです。

この集団心理を利用し、逆手にとれば反抗的な勢力も手なづけることが可能ということです。ここで、個人主張をする若手に限っては「バドンワゴン効果」が絶大な効力を発揮するのです。今度の飲み会で参加しない若者がいたとします。ですが上司から「今度の飲み会に参加しないのはキミだけで、同期のみんなは参加するけど、どうする?」と言えば、よっぽどの理由がない限り、慌てて意見を曲げて飲み会に参加するはずです。

ここでポイントなのが、若者層が会社で嫌う「ひとりぼっち」という状況も「バドンワゴン効果」の延長線上にあると言っても良いのです。

なかなか上の人たちが、直球勝負で若者層に同調性やコミュニケーションを求めても上手くいきません。それどころか反発心が生まれてさらに反抗勢力の意識が高まるだけです。

そこで、集団的心理テクニックを利用すれば、多数派の意見に同調させて相手を操ることが可能かもしれません。

あとがき

いかがでしたか。今回は、必殺っ!飲み会に強制参加させる 一言とは?についてご紹介しました。ぜひ、試してみてくださいね。ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました