大逆転!自分が100%悪くて相手に脅された【上手な立ち回り術】

暮らしスタイル

自分が一方的に悪い立場の時ってありあすよね。例えば、事故を起こしてしまった時や、お酒の席でついつい手を出してしまったり。

明らかにこちら側に非があった場合、相手から金銭的な要求や脅されて仕方なく相手の条件を受け入れざるおえない状況になりますよね。そんな時、相手から脅されても上手な立ち回りで解決できる方法をご紹介します。

大体の場合は、被害者側が何かしら突っかかってくるのがセオリーです。高い示談金を要求したり、あなたが嫌がることを並べて脅してくる場合があるでしょう。中には、自宅や会社に連絡して脅して追い詰め、心を折ってあなたをコントロールしようと考えてるのです。

注意するポイントは示談金など相手の要求をその場合で下してはいけません。とにかく結論を拒み、相手側の要求を一時持ち帰ることを優先しよう。その場合を凌ぐ方法はいくらでもあるので強気で自分の都合を尊重しましょう。

万が一、相手側が自宅や勤務先に連絡をしてきたことを考えて、事情を説明して、脅されていることを前もって伝えておくのもトラブルを防ぐ方法です。

自宅や勤務先にバレるとマズイ人でも、脅している側には「別にバレても構いませんよ」と強気のアピールを示す。こうして脅しが無効だと思わせておけば、自分の「非」について対等な立場で交渉ができるだけでなく、反撃のチャンスが訪れます。
人を脅迫した場合、脅迫罪に問われる可能性があります。だだし、相手から脅迫されたのに、恐怖を感じずに対抗した場合は脅迫罪は成立しません。

ウソでも「怖かった」と訴えることが重要です。もし脅迫罪が成立すれば、交渉を有利に進めることができます。ここで大事なのは、1人で問題を解決しないということです。法的な判断も必要になってくるので、専門家や弁護士などに相談を持ちかけて対処していきましょう。

あとがき

いかがでしたか?今回は、大逆転!自分が100%悪くて相手に脅された【上手な立ち回り術】についてご紹介しました。もし、このようなトラブルに巻き込まれた時に、知っておくことで急な対応に終われることはありませんね。

ぜひ、参考にしてみてください。ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました