デリケートゾーンの白髪を簡単に染める画期的なアイテム

女子トーク

アンダーヘアに白髪が…!発見した時に思わず腰を抜かした経験はないですか、、笑!

しばらく、アンダーの白髪と睨めっこ状態で、事実を受け止めるまでに数秒!

とりあえず、抜いてみるか!っと思うのが一般的な心理。

ですが、白髪を抜いて現実逃避できるのは、最初の1〜2本だけ。

後から、嫌というほど白髪になって、抜くのが追いつかなくなります!というよりも、素人がアンダーヘアを抜く行為はあまり良くないです。

アンダーの毛は、髪の毛や他の毛と比べても、毛根が太いので刺激も強いです。そこから、毛嚢炎や埋没毛などのトラブルが生じてきます。[chat face=”680281.png” name=”” align=”left” style=”type1″]

アンダーに白髪が生えた時点で、覚悟を決めてください!選択肢は2つ。

『染めるか?脱毛するか?』の2択です。[/chat]

今回はコスト的にも安い、白髪染めでアンダーヘアを隠していきましょう。

また、市販で売っている白髪染めは刺激が強いので、デリケートゾーンには向いていません。

香りも良く、無添加で染めた方が良いでしょう。その辺の話も踏まえて、ご紹介していきます。

デリケートゾーンになぜ白髪?

これだけは知って欲しいことですが、この問題を追求したからといって、今のご時世では白髪を自力で改善するのは難しい…!ということを理解した上で、読み進めていただきた。

一般的に白髪が生えるプロセスは、ザックリいうと上から下の順番で生えるといわれています。

ですが、人によって順番もバラバラですし、最近の若い人は、いきなり陰毛から白髪になるなどのトリッキーなケースもあるので、細かい話はスルーします。

一般的にデリケートゾーンに白髪が生えている人は、すでに「髪の毛も白髪」になっているケースが多いでしょう。

毛を黒にするメラニン色素などを、正常に働かせようと思ったら、ミネラルやアミノ酸など、栄養素は必要!

[chat face=”680281.png” name=”” align=”left” style=”type1″]最近では、これらを正常に働かせるためのサプリなどもあるくらいです。[/chat]

白髪対策用サプリを試してみて「栄養素や体質」を改善してみたら、「白髪から→黒い毛が生えたパターン」もあるけど、成功率は低いかもしれません。

だって、サプリで白髪がなくなれば、今頃ノーベル賞ですからね…笑!

ですが、必要な栄養素をとってないことが原因で、白髪を誘発しているならば、白髪専用のサプリを試してみると、思わぬと効果が期待できるかもしれません。

まー、改善できるかわからないけど、試す価値はあります。

気になる方はこちらを参考に。
参考:黒い毛に必要な栄養

なぜ黒髪が白になるのか?

冒頭でも伝えたように、原因を知っても白髪を改善することは難しいです。

ですが、白髪ができる原因を知り、生活スタイルを改めれば、白髪になるペースを遅くすることができるかもしれない。

最低限の原因は作らないようにしましょう。

自律神経の乱れ

[chat face=”680281.png” name=”” align=”left” style=”type1″]簡単にいうと、無意識のうちに生命活動を支えている神経です。例えば、勝手に動いている心臓とか。[/chat]

この自律神経は24時間働き者で、お酒を飲み過ぎたり、寝不足だったり、体を酷使していても黙ってマジメに働いてくれてます。

優秀な自律神経は、主に生命維持に関わっている「免疫、呼吸、脈拍、消化、ホルモン」など、正しい方向に調整してくれる大切な司令塔といえる神経です。

先ほども伝えたように、自律神経は無意識のうちに働いています!しかも年中無休で死ぬまで!

そんな自律神経を乱したり、負荷をかけると、当然のようにクルってしまう!

[chat face=”680281.png” name=”” align=”left” style=”type1″]正常に機能せず、新陳代謝が乱れたり、ヘアサイクルが乱れ「白髪、抜け毛、脱毛症」などの原因になるのです。[/chat]

そもそも、自律神経が乱れだ時点で、白髪どころの話ではないですけどね。

命に関わってくるので、自分の意識では大丈夫でも、自律神経はヒーヒ〜言っているので、休ませましょう。

毛を黒くするメラニン色素

[chat face=”680281.png” name=”” align=”left” style=”type1″]「黒い毛」が普通というイメージですが、元々は「白髪」って知っていましたか?[/chat]

少し余談になりますが、毛の色というのは、メラニンという絵の具が2種類あって、黒系と黄色系のメラニンの配合量で、色がそれぞれ異なる。

この重要なメラニン色素を生成させるには、『メラノサイト』という細胞で生成されるのです。

そして、このメラノサイトがメラニン色素を生成するためには、チロシナーゼという酵素が必要に。

[chat face=”680281.png” name=”” align=”left” style=”type1″]ごちゃごちゃして分かりにくいので、まとめてみると!

①黒い毛は、メラニン色素が欠かせない

②メラニン色素を作るには、メラノサイトという細胞で生成

③メラノサイトを活性化させるには、チロシナーゼという酵素が必要![/chat]

これらのプロセスを経て、黒い毛を生成していますが、実際はもっと複雑です。

しかも、『チロシナーゼ』という酵素は、年齢を重ねる度にどんどん減少するので、チロシナーゼを活性化させるには、栄養素が不可欠。

ザックリ説明するとこんな感じですが!単純に、このメラニン色素が不足していたら、白髪になりやすい。

冒頭でも説明しましたが、栄養素はガソリンと同じなのでメラニン色素を生成させるには、ひとまず栄養が必要です。

参考:黒い毛に必要な栄養 白髪

アンダーヘアの白髪染め

途中から、白髪のメカニズムの話になってましたが、本来はアンダーヘアの白髪染めでしたね…笑。

[chat face=”680281.png” name=”” align=”left” style=”type1″]1剤と2剤を混ぜるタイプの白髪染めで、アンダーヘアを染めてもいいですが、デリケートゾーンなのでオススメはしない![/chat]

このような刺激がある白髪染めを使用するときは自己責任で。

そもそも、アンダーヘア用の白髪染めは無いので、地肌にダメージが全くない白髪染めトリートメントでそれる方が簡単でおすすめ。

基本的に髪の白髪にも使えるので、1つ持っていても損はしないでしょう。

気になる方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

◉40代アラフォーの白髪染めランキング!カラートリートメント編
驀進する白髪染め トリートメントの需要 2009年ごろから「白髪染めトリートメント」というワードが、一般的に...
タイトルとURLをコピーしました