産後ハゲを隠している場合かよ!最短、最速でも3ヶ月はハゲのまま

暮らしスタイル

無駄なものにお金を使わない、 確実なプロセスで予防

産後にハゲる人は7〜8割いるそうですね。

ドッサリ抜ける人や、髪が全体的に細くなったり、中には男性みたいに、てっぺんがハゲるなど、症状はさまざまです。

だからといって、産後に多い「分娩型脱毛症」を放ったらかすのは良くない!

子育てしていたら、自分のことより、赤ちゃんの方が優先的になるのは当然かもしれないですが…!

それとこれとは、別で考えないとダメです!自分あっての子育てなので、

ハゲてまで子育てに追われて、身も心も蝕まれていたら、負のルーティーンにドップリつかりますよ。

1番ダメなのは、抜け毛や薄毛になる症状を治そうとせず、隠すことに一生懸命になっていること。

ぶっちゃけハゲの隠し方なんて、バリエーション少ないですから、、笑!

帽子をかぶるか、髪型を変えるだけで十分です!もしくは、ウィッグとか!?

ここまできたら、ハゲ治す気ねーなぁ…笑!

ハゲを隠す生活と!ハゲを改善している生活!3ヶ月後の自分は、どうなっていますか?

隠しながら何も改善しないより、治す方に力を注いだ方が、将来的にも明るい。

今回は、その辺のクソサイトのように『原因はストレスだ!頭皮のマッサージがいい!人気育毛剤〇〇選』みたいな、テキトーな情報ではなく、

現実的に治すというゴールに合った方法で紹介できればと思います。

何かとお金がかかる子育て!コストパフォーマンス重視で、ベストな改善策の2つを実践してください。

産後のXデー、 体がどう変化するのか?

上記の図を見ると、まるで横から見たジェットコースター並みに、ホルモンの分泌が急降下してますね。笑

産後に起こる抜け毛や薄毛は、ホルモンのバランスが崩れたキッカケで起こる、

通称「分娩型脱毛症」が、主な原因といわれています。

これらが引き金になって、ヘアサイクルを乱すのです。

ヘアサイクルの詳細は、図を見れば大体わかります。

まー、原因は1つではないですが、定番のパターンはこれが多いです。

あとは、生活スタイルや体質が急激に変わったり、睡眠不足、栄養不足、ストレスなど!

確実に、あと10個くらいは余裕である、、笑!

原因は出産から始まり、まさに「ドミノ倒し」状態で、体にはバタバタと不具合が生じてくる。

健康的な視点から見ても、良好とは言えないでしょうね!

また、原因の詳細はスルーします!

全ての原因を知ったところで、全てを回避するのは無理があるので…!

細かいことは抜きにして、いろいろな原因を引っくるめて、

ヘアサイクルが乱れ、髪のトラブルを発生させているのです。

これを回避するために、2つの方法を推奨しています。

2つのケアで 確実に改善させる

2つの改善策というのは、

「育毛サプリ」と「治療薬」の2つです。

どちらかというと、内面的な問題に原因があるので、

この2つの改善策で「ヘアサイクル」を正し、ベースとなるカラダを整えることができます。

あまりオススメしないのは、育毛剤や育毛シャンプーのような、外からアプローチする方法です。

いくら外がら改善したとしても、根本的な症状をカラダから改善しないと意味がないので、

外からの改善は、効果が期待できない。

はっきり言えば、お金に余裕があるなら使った方がいいレベルです。

まずは、それぞれの方法を使うことで、ハゲにどのようなメリットがあるか?

育毛サプリでサポート

育毛サプリといっても、本来は頭皮環境や体質改善が目的なので、生える薬ではないです。

そこだけは、理解しておきましょうね。

育毛サプリの目的は、図のような土台である健康をサポートする目的です。

この図を簡単に説明すると、髪のトラブルがなかった時は、この三角形のバランスが整っていた状態。

ですが、出産などのキッカケで、土台となる「健康状態」が不安定になったことで、美容面は絶望的に悪くなるし、髪に行く栄養は後回し!

こうなると、いわゆるシナリオ通りの脱毛症となるワケです。

そのシナリオを逆手にとって開発されたのが、下記の商品です。

参考:女性専用育毛サプリ

マイナチュレサプリ

あーだのこーだのは、公式の詳細を見てください!

とにかく『栄養がとれてない、食生活が不規則、時間がない』など、

こんな人は、トータルケアができるので、おすすめです。

単純に、髪にいい栄養だけ摂取すればいいというワケではないですからね!

健康のベースが整って初めて、髪に栄養が行き届く!

体の内側を改善したい方はどうぞ。

効果と安全性が 認められた治療薬

治療薬といえば、男性しかなかった薬でしたが、今では女性専用の発毛治療薬があります。

まー、女性の薄毛に悩む人口は、600万人以上といわれているので、それだけ需要が増えたってことですよ。

しかも、ガンガン右肩上がりで増えているそうです!

東京五輪の頃には、男性のハゲユーザーを追い越しているかも…笑!

結論、女性特有の脱毛症というのは、男性と違って原因は一緒ではありません。

今回のテーマのように、産後に起こる抜け毛や、髪全体が細くなるなど、

女性特有に起こる脱毛症があるので、それに特化した治療薬が存在します。

ぶっちゃけ、たくさんある改善方法の中で、NO.1は発毛治療薬を飲んだ方が確実にいいです。

一応は、ちゃんとした医薬品なので、その辺の病院で買うことができないし、専門医から処方してもらう必要がある。

詳しくは下記の専門医で処方してもらえます。

全国に40店舗あるので、割と近くにあると思います。

参考︎:女性に特化した薄毛治療専門病院

副作用などの心配も考えられるので、専門医と相談した上で、治療薬を試してはどうでしょう。

また、カウンセリングは無料なので、ハゲの原因や、正しい改善策を知ることができるので、おすすめです。

サプリと合わせて改善することで、より早くハゲを予防できると思います。

もちろん、個人差はあるでしょうが、何も行動しないより100倍いい。

ぜひ、2つの方法を一緒に試してください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました