毛量増加計画【髪界の神食べ物】ショボくれた髪、薄毛予防にはコレだ

暮らしスタイル

髪をデブにする! 毛が半減=ボリュームも半減

髪、神、毛っ毛うるせぇ!タイトルになりましたが、髪の毛を増やすことも大事ですが、

[chat face=”680281.png” name=”” align=”left” style=”type1″]髪の毛が、全体的にヤセ細っていませんか?[/chat]

鏡ごしに「頭皮」がチラチラ見える感じが嫌…!風呂上がりなんて頭皮パーンですよ。

髪や頭皮にトラブルを抱えている、このようなディープ系で悩んでる方は『髪の毛が細い』です。

100%ではないにしろ「ハリ、コシ、ツヤ」がある髪の人には、薄毛ユーザーが少ない。

言い換えるならば「ハリ、コシ、ツヤ」があるということは、

そもそもが健康な髪であり、薄毛を引き起こすようなトラブルにはなりにくい。

確かに、太く根付いている雑草は、少々の悪条件でもしっかり生えてるけど、

細いフニャフニャの雑草だったら簡単に抜け落ちますからね。

ってか、雑草と髪の毛を一緒にすんなって話です(笑)!

まぁ「鶏が先か、卵が先か」ってことで薄毛に悩んでいる方は、何かしらの対処をしてると思うので、

それはそれで対処しつつ、改善策の1つとして参考にしてもらいたい。

今回は視点をかえて、髪を太くするのがテーマです。

だって『髪の毛の太さが2倍になれば単純にボリュームも2倍』ですからね。

結果的に、健康な髪にするということなので、薄毛の予防にも繋がります。

さて、髪の毛をデブにするというテーマで、掘り下げていきます。

最低限の栄養はとろうよ

ここは基本中の基本ですが、イマイチ理解していない方も多い。

その辺のク◯サイトが、口をそろえて言っている『食生活を正せ!』みたいなことは言いません。

ですが、車もガソリンがないと走らないので、髪をデブにしたかったら最低限の栄養は与えないと!!

ですが、『血流を悪くする生活習慣・タバコ・過度のアルコール』みたいな原因で、薄毛を引き起こす!

などの基本的な話は一切、説明しません。

だって、意識の問題なので「あーしろ、こーしろ」伝えてもやらない人はほどんど!

意識というのは急にスイッチは入りませんから。

日々の意識があって初めて行動できるので、これは本人次第でしょう。

今回は、細かいことには触れませんが、最低限の自己管理ができているという前提で話を進めていきますね。

セルフで改善するなら、 ゆで卵を毎日食べろ

髪にいい食べ物NO.1は『ゆで卵』です。

髪のボリュームもですが、薄毛の予防としても効果があります。

ですが、卵料理ならなんでもいいワケではありません。

「黄身」と「白身」が別々に別れている、ゆで卵や目玉焼きでないと意味がないとのこと。

詳しく解説すると。

ゆで卵の栄養素が髪にいい

コレステロールとかの問題で、ゆで卵は1日1個が好ましい!

などの都市伝説はほっといて、ゆで卵の栄養素は髪にとってバランスは最強です。

流石NO.1の称号は伊達じゃありませんね。

コレステロール値と食事内容は無関係!2015年動脈硬化学会

これから眠たくなるようなプチ説明するので、興味ない方は、

1日3個、黙って朝昼晩に1個ずつ食べてください。

いろいろと、ウンチクあっての1日3個!後は下記にスルーしていいです。

タンパク質

髪を作るのに1番欠かせないのがタンパク質!

そもそもタンパク質が不足している状態では髪は生えません。

私たちの爪や髪、内臓などの細胞はタンパク質で合成されているのでタンパク質は、車を形成しているボディーですかね。

1日に必要なタンパク質の目安は「あなたの体重」×「1g」です。

さらに、1回の食事で朝昼晩の3回に分けて摂取した方が、効率よく摂取できるし、筋肉を維持するためにもなる。

女性なら、美容の目線でもタンパク質は間違いなく大切ですからね。

まぁ、タンパク質について語り出したらキリがないのでこの辺でやめておきます。

ビオチン

髪を太くする効果や、薄毛予防に効果あるのは、黄身に多く含まれている『ビオチン』。

別名『ビタミンH』です!ビオチンは、髪の毛を作るアミノ酸の代謝を促進する働きがあるので、

育毛効果が高い成分とも言われている。

間違った食べ方では意味がない

それは、黄身と白身を混ぜ合わせると、育毛効果は無効化されてしまうからです。

白身に含まれている「アビシン」というタンパク質が、黄身の中の「ビオチン」と結合することで、

体内の中で、ビオチンの吸収を妨害されてしますうからです。

卵かけご飯は最高に美味いですが、ゆで卵か目玉焼きにして食べた方がいいです。

育毛サプリならどうだ?

ぶっちゃけいいです。

卵は毎日食べるとして、サプリも合わせて摂取することで効率よく、髪にいい栄養が補えます。

基本的に、私たちの食生活は偏っているから、きちんとした栄養素を、毎日摂取しているとはいえないですからね。

髪のボリューム低下、薄毛や抜け毛など「栄養」と密接に関係していますが、

その日だけ栄養を補ったからといって簡単に生えることは、まずありえません。

地道に正すことで初めて得られる効果でしょう。

そういった意味では、サプリだと簡単に摂取できるし、めんどくさい食事で栄養素を補う必要がないですからね。

女性の薄毛に特化して開発されたサプリなどもあるので、

食生活がバラバラだったり、栄養がきちんと摂取できていない人は、別記事で詳しく説明しています。

【参考記事】

【女性のハゲはマジで笑えない】薄毛治療がもっとも確実な理由
薄毛の症状が深刻な方には、 治療が速い理由 まず薄毛が深刻な人、確実に改善したいと思っている人は、 医療機関で...

育毛剤と同じ値段なら 発毛治療を受ける?

もうすでに、

育毛剤などでケアをしている方には確実な朗報でしょう。

結論からいうと、発毛治療は安い時代に突入してます!

まぁ、時代背景もあって女性の薄毛人口はなぜか、グングンと右肩上がりです…!

詳しい原因はわかっていませんが、女性専用の育毛剤もガンガン売れてる。

そんな中、私が調べた中で1番よかった発毛治療は、カウンセリング無料で、治療を受けるなら「月7,000円」からです。

この金額は流石に腰抜かす…!

だって発毛治療といえば、これ以上はない改善策の1つですし、

末期ハゲの一歩手前の方が行く場所と思っていましたが、今はそんなことありません。

風邪を引いたら病院に行くのと同じで、発毛治療も薄毛に特化した専門医が存在する。

病院と同じように、気軽にいける時代なのがびっくり。

ちなみに、育毛剤は発毛効果が入った成分は含まれていないので生えないですし、あくまで頭皮の改善レベルです。

『THE 生える薬』は、発毛治療などの専門医でしか処方してくれない。

発毛効果がない育毛剤よりも、女性専用の薄毛治療薬で改善した方が確実ではないでしょうか。

発毛治療は月に7,000円ですが、

育毛剤は生える期待が薄いのに5〜6,000円くらいしますからね〜!

興味がある方はこちらの記事に詳しく説明してます。

【参考記事】

抜け毛が多い20代女性はピンチ!生えてくると期待すると一生後悔…
20~30代の若い子達の薄毛がマジで怖い話…! いきなりですが、 私の知人は円形脱毛症を放ったらかしにして、...

あとがき

髪を太くするテーマで赤裸々に書きましたが、これならシンプルに実践できると思いませんか?

沢山のことを、毎日実践するのは不可能ですし、どんな意識高い系の人で、もいっぺんには無理。

髪の毛全般に、良いいとわかってるなら「ゆで卵」くらい毎日食べろよっ笑!

1日3つだっ!笑

けど、真面目な話!本当に頑張って克服してください。

食事がおろそかならサプリも良いし、

育毛剤で効果がない人は、発毛治療を受けてみるのも良いでしょう!!

少しでも改善の手助けができたなら幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました