女性が隠すためにやっている白髪染め!頭皮が赤い人はピンチです

暮らしスタイル

頭皮が真っ赤!薄毛予備軍?

何かしら頭皮に刺激があると赤くなったり、痒みを引き起こす場合がありませんか?

その代表的なケースが、白髪染めが原因で頭皮を真っ赤にしてしまいますよね。

実は、その赤くなる症状は非常によくありません。

ただ単に、かぶれたり血が出るくらいならいずれ治るので、そんなことはどうだっていいんです。

まぁ、どうでもいいことはないですが、頭から血が出るのは言い過ぎ…!

ただ、頭皮に刺激を与えることで取り返しのつかないケースが大いにあるのです!

それはズバリ『薄毛』です。

自分の頭皮はどうでしょう?

以前に比べたらボリュームが少なくなったり、分け目から頭皮が露骨に見えたり、ハリやコシがなくなってきたなどの自覚はありませんか?

これらは、ヘアサイクルが乱れることによって起こる原因とも言われているのです。

ヘアサイクルが乱れると、髪の毛が1日に約100本抜けると言われているのに対し、

200本抜け落ちたり、生え変わりがうまくいかないなどが原因で薄毛を引き起こす。

実際は、数なんて数えれないので肌感覚になってしまいますが!

このような頭皮のトラブルを未然に防ぐためにも、対策を知っておきましょう。

でないと、このままの頭皮環境だと『最悪ハゲます!』

ぶっちゃけ、発毛治療の世界では薄毛を実感し始めた頃から直ぐに対処しないと、日を追うごとに治る確率は著しく低下するとのこと。

もし自覚がある方は、読み進めていだだきたい。

今回は頭皮環境を正して、以前の美しかった髪に戻れる為の対策をご紹介できればと思います。

白髪染めを 言い換えるならば除草剤だ

除草剤は、庭に生えている雑草を除去するなどの目的で使われているが、

草を髪の毛に例えるなら、頭皮に悪列な環境を及ぼす白髪染めは、除草剤と言い換えることができる。

まぁ、白髪染めだけが薄毛や抜け毛を引き起こす原因ではありませんが、

発毛治療の世界では頭皮への刺激は非常にNGです。

除草剤という表現は少しオーバーかもしれませんが、『白髪染めをしてはいけない!』っと言っているわけではありません。

生活している以上は、いくら頭皮が赤くなるからといって自分の白髪を染められないのは「非現実的」ですよね。

昨今の白髪染めは科学の進歩で、昔に比べたら刺激がすくなくなってはいますが、だからといって頭皮にいいことなんて1つもありません。

タバコと一緒ですね!

そこで、白髪染めをしないという選択肢はありえませんので、頭皮を痛めつける前提で改善していくしかないです。

薄毛を予防する2つの対策

正直、1番簡単に頭皮を改善できるのは『発毛治療』が間違いなく確実です。

ただ、人によって頭皮環境のレベルが違いますし、薄毛のレベルも人それぞれ!この記事を読んでいただいて、自分がどのように改善してくかの判断材料になればと思います。

頭皮の改善レベルは2つに分けることができるので、薄毛に悩まされていたり、頭皮の環境を整えたい方は参考にして見てください。

育毛系アイテムを使う

まず、最初にズバッと言いますが、

育毛系のアイテムは髪を生やす薬ではありません。(育毛剤や育毛シャンプなど)

勘違いしている方も多いですが、育毛系のアイテムは「発毛効果」がある成分は含まれていないので、生えません。

育毛アイテムの定義はあくまで、

頭皮を改善することによって生える環境を整えるアイテムです。

そもそも、これらを理解していないと大失敗になるので注意が必要ですし、

薄毛を治したいからといって、育毛系アイテムに期待を寄せてはいけません。

あくまで頭皮の環境を改善する目的です。

これらのアイテムで、今の頭皮環境をセルフで改善してみたい方は、下記のリンクを参考にしてみてください。

【参考記事】

女性の薄毛ユーザーは気づけ『育毛シャンプー』は魔法じゃない
「育毛=生える」は間違い 薄毛で悩んでいる女性の皆様、、 いいですか、、ハッキリ申し上げると… 髪の毛が生...

発毛治療が強くすすめる理由

私が思うに、中途半端な改善は絶対に失敗します。

上記では育毛系アイテムをすすめていますが、自己セルフの頭皮改善は辞めた方がいいです。

まぁ薄毛でもなく、フケや痒みくらいのレベルなら育毛系アイテムで十分です。

というか、そっちの方がいいです。

頭皮に刺激がある成分などはほとんど含まれていないですからね。

ですが、薄毛の場合は話が違ってきます。

冒頭でも説明していますが、発毛治療の世界では早く対処することで薄毛を治す確率を大幅に上げることができるからです。

薄毛を治したい場合は、発毛治療以外は眉唾的なものと思ってください。

これ以上の改善方法は存在しません。

ところが薄毛を改善するならば、自己セルフよりも『発毛治療」の方がコストパフォーマンスやメリットが高いです。

また、ガチンコで生える薬などは、このような専門医でしか処方してくれません。

『パントガール』という薬がありますが、女性専用の薄毛治療薬です。

世界で初めて効果と安全性が認められた薬なので、育毛系アイテムで生えるか生えないか分からないものに、時間とお金を使うよりも、この薬で改善した方が確実。

しかも、発毛治療といいますけど、

月に7,000円から治療を受けられたり、新規のカウンセリングは無料だったりします。

育毛系のアイテムで代表的な物といったら育毛剤ですが、これだって月に4〜6,000円しますからね。

詳しいメリットや内容は別記事でまとめているので、ぜひ薄毛に悩んでいる方に参考にしてもらいたい。

【参考記事】

女性の薄毛ユーザー注目!【育毛ブログ】は見るだけ無駄な理由
これを見てるなら 最悪のシナリオは防げる ズバッと言うと、、、! 育毛ブログを見ても、 自分に当てはめる...

あとがき

ぶっちゃけ、頭皮環境を悪くすることは簡単ですが、正すのは難しいです。

骨折みたいに、いずれ治るような怪我であればいいのですが、何かのきっかけでヘアサイクルが乱れると〇〇脱毛症のような症状を引き起こします。

昨今では、女性が薄毛に悩むユーザーは増大しているとのことです。

その証拠に、女性用の育毛系アイテムなどの商品はバカ売れ状態。

何がきっかけで、女性の薄毛ユーザーが増えたのかわかりませんが、

取り返しのつかない状態になる前に、頭皮環境や薄毛予防を早めにしていただきたい。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました