「アナタは女性で薄毛?」薄毛にどう向き合い、行動する?

暮らしスタイル

アナタの薄毛は過去に問題が

このページで紹介するのは、女性がメインのお話になるので、偶然迷い込んだ「男性諸君」はご遠慮。

さて、このページに訪れた女性の皆さんは、すでに「薄毛」や「違和感」を感じているということですよね?

ぶっちゃけ『対応が遅すぎじゃないかなー』っと、わたしは思います。

不安を煽るようで申し訳ないですが、薄毛になった原因って、1つではないといわれている時代ですよ。

薄毛に関しては少なからず「タイムラグ」がある。

「今日からいきなり薄毛」みたいなことになると思いますか?

薄毛になるのも、薄毛を改善して効果があらわれるのも「タイムラグ」が生じてきます。

いきなり薄毛になったからって、改善したら、いきなり生えてきた!!

そんな都合のよい「カラダ」していませんよ。

日本人の食生活が欧米化、過度なダイエット、出産、不規則な生活、ホルモンがどうたらこうたら。

男性よりも、ちょっとしたボタンのかけ違いで女性に起こる「薄毛」の原因は、いろいろと考えられます。

もはや、男性の薄毛人口を超える勢いで、女性用の育毛剤がバカ売れしている時代に突入している現状。

裏を返せば『女性が薄毛に悩んでいるユーザーが増えてきた』ことに。

「男性が草食化」で「女性が肉食化」になってきたから(笑)?

それは冗談として、

そう言いつつも、もしかして自分自身が、薄毛になるなんて思いもしませんよね。

原因もさまざま、改善方法もいろいろ!

じゃ〜、私の薄毛は現在進行形?

止まったのか?

生えてくるのか?

この…、

「ゴールが見えない悩み」にさまよっている事実!もどかしさ!ストレス!

不安ばかり煽ることをいって、話が先に進まないので、そろそろ原因と対策を紹介します。

薄毛のレベルに合わせて、それぞれ改善策をわけてます。自分に合った方法で改善していくか、今すぐにでも薄毛を解決させたい場合など、

レベルや目的に合わせて『4パターン』を紹介していきます。

悩んでいる女性の皆さんに、1日でも早く改善できれば幸いです。

赤ちゃんを産んでから「薄毛になる場合」は、ホルモンなどの変化が影響しているかも知れません。

分娩後脱毛症などといわれますが、そのような人は、こちらの記事が参考になります。

参考:産後の薄毛対策

質問!アナタが薄毛になる 原因に心あたりは?

冒頭でも話していますが『今日から薄毛』っというのは考えにくいです。

まるで薄毛になる「スイッチ」でも押したような…!

仮に、スイッチがあるなら「薄毛」になる以前の話でしょう。

わたしって薄毛?ハゲてきた…?気のせいかな〜!?

受け入れがたい真実に、わたし達は不安を和らげようと、都合の良い解釈をしてしまいがち!

人間ってメンタル弱いんですよ、、!

いつか治る!→止まる!→大丈夫!→どうしよう!︎

このような負のルーティーンは、藁にもすがる思いで、1度は考えてしまうでしょ?

一種の防衛反応みたいなもの。普通のリアクションです!

また『健康、NOストレス、睡眠バッチリ、食生活完璧、運動してるよ』

みたいな人には、自損で「薄毛」になる原因は考えにくい。なるなら別の原因でしょう。

逆に『お酒は毎日、ヘビースモーカー、2〜3時間睡眠、運動不足、ぽっちゃり、暴飲暴食、ストレス満載』このような人が、

「わたし最近、抜け毛が多いんです」って言われても…自業自得だろ!!の一言しかいえません。

気を使って言うなら「そうなんですねぇ〜」っだ!!

あだかも、自分のせいではないと、勝手な解釈で現実逃避をする人。

ダイエットと同じで、太るのも、髪の毛が薄毛になるのも、100%ではないですが、自分自身にも落ち度があると思います。

水飲んでも太るとか言い出すポッチャリで、甘ったれてるようなヤツは、ハッキリ言って論外なので、負のルーティーンにハマっていればいい。

改善するために努力しようと頑張る意思がない人は、薄毛予防する資格なし!

努力していたり、遺伝や病気などで、薄毛になった場合は仕方がないこと!それ相応の対処をすればいいのです。

まぁ、ポッチャリの人と薄毛の人を一緒にするなってなりますが、

言いたいことは、

自損の可能性もあるので努力でカバーしようよ!って話です。

それに比べて、改善しようとしているアナタは、事実を受け入れて、前向きに進みだしていますね。

ここでは、改善できる余地が大いにある方!

または、知らずに頭皮に悪影響を及ぼしていた方!

出産が原因で、薄毛になった!

などの方を対象にしています。あくまでも『自分自身がセルフで改善していくレベル』ですので

ご理解を!

例外!一概にはいえないケースも

病気が原因で薄毛になったり、〇〇脱毛症などで、髪の毛が抜け落ちるなどの特殊な場合は、これに当てはめれない!

このような自分で改善しても、どうにもできない「最上級レベルの人」は、このページを離脱して、今すぐ「専門家のプロ」に相談してください。

無料なので一応、紹介しておきます。

とりあえず、今の現状をプロ目線で助言してもらった方が、確実に改善する方向に導いてくれる。

カウンセリングや体験は無料、ネットで簡単に予約できます。

参考:「女性専用クリニック」無料相談

行ったことないから、どうしよう?

恥ずかしい!

緊張する!

そんな、フニャフニャ考えていてもしょうがない!

相手もプロなんで、悩んでいる女性なんて何万人もみてきた人。

いい意味で、1個人に対して、変な特別視なんかされません。

個室でプライバシーも尊重しているし、不安な方や、悩むくらいなら、直ぐに診てもらってください。

それから薄毛対策しても、遅くはないのですから。

参考:無料診断・カウンセリング

重要!ヘアサイクルを知れ!

話が少し脱線して、長くなりましたが、

早速、女性が薄毛になるといわれる「原因」を調べていきましょう。

ヘアサイクルとは何ぞや!!

髪の毛1本1本が人間としたら、その1本の毛にも、私たちと同じような成長期などが存在します。

例えば、思春期まっただ中の成長期に、毎日『お粥と味噌汁』だけを食べさせられたらどうでしょう?

わたしなら家出する…(笑)!

…明らかに、栄養不足でしょ。

髪の毛にも成長期などが存在するので、同じことがいえます。

このような、成長すべき時期に、頭皮に栄養が行き届かない!血行が悪い!

など、成長を妨げてしまうと、髪の成長が不十分だったり、新しい髪の毛が生えてこないなどのトラブルが生じる可能性があります。

そう『ヘアサイクルが乱れるということは、薄毛に直結する』と思って下さい。

上記の図を見れば、説明はほどんどいらないですが、

言いたいことは見たまんま、字のごとくです。

「成長期」「退行期」「休止期」というように、

抜け落ちれば、新しい髪が生えてくる「ヘアサイクル」というものが存在します。

詳しくまとめると。こう!

髪の成長期

『髪は永遠ではなく、儚く散るもの』決してふざけていません!!

髪はいつか抜け落ちるものですが、ずっと成長しっぱなしではありません。

成長期の期間は、1番長いとされており、もっとも活発になり、太く長く成長する時期ともいわれてます。

成長期の期間は「約2年〜6年」くらい。

髪の退行期

この時期になると、活発に成長していた髪の毛の働きが弱くなり、成長がとまる時期になります。

退行期の期間は約2〜3週間。

まぁ、正常の場合にかぎってですが、、!

ヘアサイクルが乱れると「ずっと後退期」みたいなことも…!考えられる。

髪の休止期

髪の成長が完全にストップ。

抜ける時期に差しかかり、新しく生えてきた髪の毛に、押し出される形として生え変わる。

自然に抜け落ちるということは、こうゆうこと。

サイクルの乱れは 薄毛の引き金?

この正常なヘアサイクルが乱れると、成長期が1年だったり、生え変わる大切な時期に、生えてこなかったりなど、

これらが原因で「薄毛」などの症状を引き起こすとされています。

人間に例えると『朝起きる→夜寝る』など、当たり前の生活リズムですが、1日寝ずに、仕事がきちんとこなせますか?

素人でもわかるレベルですが、髪の毛も同じように、ヘアサイクルが乱れていると当然、健康的な髪の毛が生えてくるわけがない。

サイクルを乱す原因

原因を、1つ1つ細かく説明していくと、果てしなく長ったらしい記事になってしまうので、ここでは箇条書きとさせてもらいます。

当てはまったアナタは、改善の余地があるかも知れません。

詳しくは別ページに記載しているので、詳細を知りたい方は︎この記事を見てから、戻ってきてね。

・血行不良
・不十分な睡眠
・アドレナリンの過剰分泌
・内臓の不調
・タバコ
・過度のアルコール
・ダイエット

などが、ヘアサイクルを乱し、薄毛を引き起こす原因だといわれている。

アナタの薄毛はどのパターン?

ここに訪れている女性は、大なり小なり「薄毛」に悩んでいる現状ですよね。

4つのパターンで、それぞれ話が変わってきます。

冒頭でも話した通り、専門家に相談するレベルの人は『第3、第4パターン』が当てはまりますよね。

初期段階は『第1パターン』です。

上から順に、薄毛の症状レベルが軽い順番でまとめています。

《第1パターン》

・サプリメント、頭皮の改善、生活習慣の見直し

《第2パターン》

・育毛剤

《第3パターン》

・専門家(サロン、病院)で改善

《第4パターン》

・植毛、カツラやウィッグ

簡単な話、専門家で治療を受けた方が、1番早く解決するのは間違いないでしょう。

がっ!いきなり専門家で治療となると「財布事情的」に、そうはいきませんよね!!

治療だと、確実に薄毛を改善できる要素が高い「メリット」もあるが、それなりにお金がかかる「デメリット」もあるので、

将来的に120%改善させた方は、まず無料診断から。

早く薄毛を改善したい気持ちはわかりますが、自分自身の薄毛の度合いによって、改善方法を導きだせばいいと思います。

焦ってもしょうがないので、ここで改善方法を知ってから『行動』に移してはどうでしょうか。

《第1パターン》 頭皮改善 生活習慣の見直し

この段階では、ちょっと薄くなってきたかも!!

っというように、初期段階になりますね。

髪の毛が薄くなってきた人達が通る、最初の道といえる。

真面目に、頭皮のケアをしてみようかな!

シャンプーを変えてみるか!

などと、試行錯誤して考え出す。

ここで勘違いする方が多いですが、

スカルプ系のシャンプーに変えたからって「発毛効果」は一切ないことをご存知ですか?

なぜなら、国が認めた発毛効果がある成分は入っていないから。

あくまで「改善」です。

頭皮のマッサージもそう!

体質改善もそう!

改善です。発毛効果はゼロ。

ですが、

このような「改善」は決して不必要ではありません。むしろ超大切です。

ちなみに、ここでは頭皮のマッサージをする、食生活を見直す、運動する、といったような、初歩的な改善方法は紹介していないので、申し訳ないです!

上記で、ヘアサイクルを乱す原因を参考に、

自分に思い当たる節があるなら、セルフで改善してもらえればと思います。

この記事は、現在進行形以上〜ディープな悩みの方に向けてます。

〝髪〟を改善するには健康第一

上の図のように、薄毛を予防・改善するには「健康」である土台が大切と考えられています。

最初に説明した「タイムラグ」は、ここの話とつながりますね。

女性専用『薄毛対策のサプリメント』などは、このような定義で改善するといったアプローチになります。

ベースはやはり『カラダが第一』であり、

育毛剤のように、外からアップローチするというよりも内側からの改善ですね。

この辺の、︎女性専用の薄毛対策サプリメントなど、

別ページで詳しく説明しているので、不健康だと自覚している方は1度、目を通して下さい。

また、いきなり育毛剤を使ったとして、いくら外から育毛効果がプラスに働いたとしても、

内側の改善ができていないと話になりませんからね。

序盤で「ヘアサイクル」の話をしましたが、

外からのアプローチだけで、ヘアサイクルを正すのは、無理な話。

現在、薄毛の進行度合いが高い方は、残念ながらこのステージだけでは、薄毛の改善が難しいかもしれません。

カラダ・頭皮環境を整える改善もしつつ、外からのアプローチが欲しいところ。

ぶっちゃけ、

『内側の改善は、どの段階であれ当たり前』といえます。

最低限「内側の改善」は、どうゆう方向性だろうと『同時進行』で考えてほしい。

《第2パターン》 育毛剤

ある日、薄毛を実感した瞬間、

ヤバイ薄毛!どうしようーー!となった時点で、

1番に思い当たるのが『育毛剤』でしょう。

ここで問題が2つ発生。

❶女性用の育毛剤ってあるの?

❷どれがいいの?

まぁ、❶の女性専用の育毛剤は、ご心配なく!!

選びきれないほど、めちゃくちゃありますから。

❷の、ベストな育毛剤は、女性専用の育毛剤を調査した結果でいうと「ベルタ育毛剤」がいいです。

「リピート率が高い」

「かなり売れてる」

「リアル口コミの評価が良い」

人によって、合う合わないなどの試用感は個人差もあるので、使ってみないとわかりませんが、

リアルな口コミや実績を自分の目で確認できるし、

同じ悩みの方が、

育毛剤を使ったことで、どのように改善できたかを共感することができる。

詳しい効果や口コミは公式サイトで確認してみてください。

参考:http://belta.jp


また、女性専用の人気育毛剤を比較した記事も合わせてどうぞ!

参考:女性育毛剤のベスト3

《第3パターン》 専門家で治療

専門家といっても、二分化されます。

それは『育毛サロン』と『医療機関の発毛外来』の2通りになりますが、目的が少し違ってきます。

育毛サロン

前半で紹介した、薄毛に悩むくらいなら専門家にみてもらえ〜って、

紹介した「バイオテック」などは「育毛サロン」に当たります。

無料で、カウンセリングや体験を受けれるメリットが強み。

立ち位置としては、

「セルフケア以上」〜「医療機関の発毛外来未満」で改善したい人向けです。

どうしても、自分だけじゃ改善方法がわからない、育毛剤を使っても改善できるか分からないなど、

将来的には、高いレベルで薄毛改善を目的としている方は「育毛サロン」がおすすめです。

医療機関の発毛外来

まず、ほぼ確実に改善できるのは「病院で治療」を受けることです。

育毛サロンとの違いは、医師によって医薬品での治療や、最新の発毛治療を受けられることです。

確実な治療を受けられる反面、治療費が高いデメリットも。

特別な病気が原因でもない限り、「薄毛」は病気として認められていないので、健康保険は適用されない。

育毛サロンもそうですが、全て実費です。

医療機関で発毛外来を受けると、ハッキリ言って高いです。

治すために覚悟を決めている人、頭がハゲるのだけは死んでも嫌っ!って人は、迷う必要はありません!発毛治療を受けて下さい。

唯一、発毛効果が認められている薬や、発毛剤を適切に処方してくれる場所でもあります。

ですが、素人が下手に扱えない『恐ろしい副作用』などがあることも事実!

男女それぞれ十人十色!この辺の判断は、専門医に相談。

病院の何科?

皮膚科かな?

ストレスなら精神科?

では、その辺にある一般的な病院の「皮膚科」に行ったとしましょう。

ただただ、診察代を払うだけで、何の対処もしてもらえない。

せっかく行動に移したのに、無意味だったじゃん!っとなってしまう。

なぜかと言うと、「遺伝、ストレス、産後の抜け毛、不規則な生活、加齢による抜け毛」などが、薄毛の原因だったら、

治療の必要性がないと判断されるだけです。

病院なので、病的な要因がない限り、相手にしてくれないケースがほとんど。

そのため、薄毛に悩む方々が本気で直したい場合は、

薄毛治療・発毛治療など、医師による医療行為が受けられる『専門クリニック』に頼るんです。

例えるなら、二重整形をしたいのに、その辺の病院で整形しますか??

「郷に入っては郷に従え」ってことです。

また、男性と女性では、薄毛治療は別物として考えてください。

男女それぞれ、改善方法や処方される薬などに違いがあります。

ちゃんと、女性専用の『専門クリニック』で治療を受けるべきです。

参考:女性に特化した薄毛治療専門病院

《第4パターン》 植毛、カツラやウィッグ

このパターンでは、薄毛を改善するのは植毛以外、手遅れでしょう。

第4パターンでは、植毛で植えるか、カツラやウィッグを活用する「2つの選択肢」しかありません。

カツラやウィッグに関しては「隠す」という観点なので、改善とは言えません。

注目したいのは『植毛』

毛根が生きていれば、発毛医療を受けたり、改善してあげることで、髪の毛を生やしたり、太くさせたりすることが可能ですが…。

これらは、毛根が生きていて初めて、改善の余地があるのです。

毛根が死んでしまった場合は、いくら最先端医療を受けても、自力で再生するのは難しいとされています。

手遅れというか、バッサリとした表現になってしまいますが、植えるしかありません。

自毛植毛

最近の植毛は凄いんです。

一昔前の植毛とは、時代もレベルも別物として感じて下さい。

自毛植毛といって、自分の限られた髪の毛の資源を、薄い所に植えることができるのです。

毛があるところから→毛が薄いところに『引越し』をするような感覚と思って下さい。

男性ユーザーが圧倒的に多いとされていますが、

最近では『女性のニーズも高い』です。

自分の髪の毛なので、違和感を感じさせないのが特徴。自分の髪の毛ですしね。

カツラ、ウィッグ、植毛を選択肢として悩んでいる方は、

悩みのレベル的には同じかもしれませんが『植毛』に関しては、

カツラやウィッグとは別だと私は思います。

また、自毛植毛で有名なのがアイランドタワークリニックです。

シェアNo.1の実績があるので、まず間違いないでしょう。

東京、大阪、名古屋、福岡の主要都市にしかありませんが、

カウンセリングは無料なので、相談してみるといいです。

わたしも、専門家ではないので、詳しくは説明しませんが、ここでアレコレ思うよりは、

『知って、聞く』方が早い!

あとがき

文字数が長くなってしまいましたが、

4つの段階にわけて、おすすめの対処法を紹介しました。

薄毛に悩まされている女性の方々が、少しでも不安や悩みを解決できればと思って、紹介してきました。

ハッキリ言えば、ジタバタするよりも、行動した方が気持ち的にも楽になれると思います。

悩みや不安を抱えたままだと、何も進まないし、改善のしようがない。

放ったらかしで改善できれば、御の字ですが、現状を良い方向性に導くためには、一歩踏み出すしかないです。

ぜひ、自分に適した方法で、薄毛を改善してください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました