実践、体は正直者だった!焦りのサインを見逃すな

暮らしスタイル

相手のサインを見抜け

相手と接する時に、相手に隙がないな~って人いますよね?ですが、人間の感情は仕草にでるものです。そんな精神的な部分と密接に関わってるサインについてご紹介します。

人は無意識にやっている手のジェスチャーや目や顔の表情、声のトーンなどで相手に気持ちを伝えています。そんな言語以外の意思疎通のことを「ノンバーバル・コニュニケーション」といいます。

ノンバーバル・コニュニケーションの多くは、無意識のうちにやっているのです。人前で話をする時に緊張する、恥ずかしい時に頭を掻くなど、焦りや不安を感じるネイティブな感情を受けた時に動作の仕草として現れやすいです。

しかも、感情を誤魔化そうとすればするほど、動作が極端に現れるのです。

①腕を組む

話をしている時に腕を組んでる人を見たことありますよね?腕を組んで、二の腕を掴んでいた時は、何か不安な気持ちを隠そうとしている証拠です。また、拳を握っていたら、反対意見を言おうとしています。

②水をガブ飲みする

緊張した時って、喉が乾いたり上手く喋れなかったりしますよね?精神的な不安や焦りから緊張を招き、緊張から喉の渇きを誘発するのです。不安の大きさに比例して大量に水が欲しくなるのです。

③あくびをする

「あくび」=眠いって思いますよね?実は、不安や緊張であくびが出ることがあります。無意識にあくびをして唾液線を刺激して喉の渇きを癒してるのです。授業中によく、あくびをして怒られることがありますけど、授業中に関しては2パターンあります。

単純に眠い時に出るあくびと、頭を使うと酸素をたくさん消費するので、脳に酸素を多く送るための反射であくびが出るといわれています。

【実践】
蹴落としたいライバルや主導権を握りたい時は、相手側がこの様な素振りを見せた時は大チャンスです。相手が突然ゆっくり喋り出したら、内心かなり慌てている証拠です。

スローなペースで話をしながら頭の中で、作戦を練っているのです。そこで相手に時間を与えることなく、間髪入れずに話をすることで考える思考の邪魔をすることができます。

あとがき

いかがですか?実践、体は正直者だった!焦りのサインを見逃すな を紹介しました。頭の隅にでも覚えていたら、ぜひ参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました