重曹活用術!コスパ最強の重曹スプレー!作り方や便利な使い方まとめ

暮らしスタイル

重曹が持っている能力

重曹って使ったことはありますか?

中には、持っているけど普段は意識して使わない人や、全く使ったことが無い人もいますよね。

便利なのはテレビで知っているけど、いざという時に使いこなせない…!

まぁ、一般的なリアクションはこうなります(笑)

今回は、重曹1つで、家中使える活用術をご紹介するので、ぜひ活用してください。

研磨剤の効果

重曹水になっている商品では無理ですが、

粉で売られている重曹を水に溶かさず使うことで、研磨剤の効果があることを知っていましたか?

研磨剤といっても、ガッチガチの目が粗いヤスリではなく、結晶が丸くて粒子が細かいので、

プラスティックに使用してもキズがつきにくい優しい研磨作用です。

家庭にある、冷蔵庫、リモコン、机、テーブルなどのプラスティック製品の「手アカ」を落とす時に効果を発揮できます。

消臭の効果

意外かもしれませんが、重曹には消臭効果もあります。

重曹は、弱アルカリ性なので酸性を中性化させる働きにより、酸性の匂いを落とす効果があるのです。

中和の効果

何度もいいますが、重曹は弱アルカリ性なので、酸性の匂いも汚れも中和させる働きが。

例えば、キッチンや鍋などの油汚れは、酸性なので、ベタベタした油汚れと相性が抜群です。

さらに、重曹と同じ弱アルカリ性の洗剤をダブルで併用することで、更に汚れを落とすことが可能です。

3つの重曹を使い分けるテク

スーパーなどで売られている重曹には3種類あることをご存知でしょうか?

知っている方は、おさらい程度に見るかスルーしてください。

日本で売られている重曹は3つ。

・食品用の重曹

・掃除用の重曹

・薬用の重曹

食品用の重曹と聞くと馴染みがない人もいますが、

日本のスーパーなどで売られている食品用の重曹は、「ベーキングパウダー」という名前で販売されているのが主流です。

又は、「ふくらし粉」や「アク抜き用」などと表記しており、食品用の重曹もベーキングパウダーも、ほとんど一緒です。

ここでポイントなのが、お風呂に入れて使ったり、肌のケア目的に使う時には「掃除用重曹」は使えないということ。

口に入れても問題がない、スーパーや薬局で売られている「食品用重曹・薬用重曹」は、口に入れも大丈夫なので、

肌のケアなどに使う時は口に入れても問題がない重曹を選びましょう。

ポンと置くだけで消臭

先ほども説明していますが、単純に置くだけで消臭効果があります。

ポンと置ける容器に重曹を盛り塩みたいに入れて置くだけ。

冒頭でも説明しましたが、重曹は弱アルカリ性ですので、酸性のニオイを中和する効果があるのです。

例えば、お子様が熱で嘔吐した場合、胃酸は酸性なのでニオイを中和させる効果があったり、汗や皮脂のニオイも酸性なので消臭する効果があります。

・玄関臭
・キッチンのニオイ
・浴室や排水口のニオイ
・タバコ臭
・加齢臭
・ペット臭
・カビ臭
・タンス臭など。

1ヶ月くらいしたら消臭用に置いていた重曹は掃除用で使い、ローテーションで使い分けることもできます。

また、湿気や防虫効果もあるので、タンスやクローゼットに入れると良いです。ぜひ、実践してみましょう。

重曹スプレーの作り方

重曹をスプレータイプにしておけば、家中の油汚れや手垢を取ってくれるので、掃除には必需品となります。

例えば、ドアノブや電気のスイッチ、たぼこの臭いがついた家具や棚など、至る所で活用できるのです。

また、弱アルカリ性ですので、家具や物を傷つける心配もありません。

カンタンなので作ってみましょう。

材料 作り方
・スプレーボトル(1つ)

・ぬるま湯(100cc)

・重曹(3g)

スプレーボトルに重曹を入れて、40℃前後か人肌のぬるま湯をいれて、混ぜ合わせたら出来上がり。

※65℃のお湯をいれてしまうと強アルカリ性に変わってしますので、ぬるま湯で作りましょう。

シンクの汚れ

シンクの汚れはクレンザーでしょ。

と思いますが、重曹には細かい粒子の研磨作用があるので、シンクに傷をつけることなく、汚れを取ることができます。

濡れたスポンジの上に重曹を適当に乗せて、そのまま汚れをゴシゴシしてくだい。

シンク独特の生臭いニオイを取り除き、水垢などの汚れも掃除することができます。

頑固な汚れの場合は先に、重曹スプレーで吹きかけておきましょう。

日頃からシンクを使った後は、重曹スプレーを吹きかけておけば、汚れを浮かせつつ消臭効果もあります。

デメリットとしては、乾いたら白くなりやすいので、ある程度時間がたったら水で洗い流しましょう。

排水口の臭いや汚れ

「洗面台、お風呂場、シンク周り」の汚れで悩まされるのが、排水口の滑りや臭いですよね。

ゴシゴシこするのも抵抗が…!そんな時は、重曹とクエン酸で対処できます。

クエン酸もドラックストアなどで売っています。

❶「重曹とクエン酸」を「2:1」で混ぜ合わせる。

❷排水口に混ぜたパウダーを入れる。

❸排水口の栓をして1時間放置。栓がなければそのまま。

❹最後に、排水口に沸かしたお湯を流して終了。

定番の換気扇掃除

換気扇の掃除は正直大変です。

今時の換気扇は、昔に比べて掃除がしやすくなっていますが、それでも油汚れはめんどくさいです。

換気扇を掃除する場合は、いかにストレスなく簡単に掃除をできるかがポイント。

そこで本領発揮するのが重曹スプレーです。

ファンを外してスプレーしておけば、重曹が油汚れを中和させるので、みるみるうちに汚れを浮かしてくれます。

頑固な汚れの時は、お湯で洗い流して、さらに重曹スプレーを吹きかけて時間をおきましょう。

こすらないと取れない汚れは、重曹のパウダーと歯ブラシを使うとキレイに汚れが取れますよ。

冷蔵庫も重曹でキレイ

冷蔵庫はなかなか掃除する機会が少ないですが、定期的に掃除をしないと肉や魚などの生臭いニオイや、湿気でカビ臭いままになります。

重曹スプレーを吹きかけて、布やキッチンペーパーで拭き取りましょう。

冷蔵庫の中は、基本的に口に入るものばかりです。

なので、掃除用の重曹で掃除しても問題無いのですが、抵抗ある人は、食用か薬用の重曹スプレーで掃除。

電気ポットや ケトルは酢をプラス

電気ポットやケトルを使っているうちに、洗っても水垢の汚れが落ちにくいですよね。

これは、水道水に含まれている「カルキ」が原因。

また、電気ポットはノズルや中の部分は人の手で掃除しにくいもの。

そんな時は、重曹と酢を使うことで、見えない部分もキレイの掃除することができます。

カルキ掃除の方法

❶電気ポットの場合は、ポットの中に重曹大さじ2杯と、酢を大さじ2杯を入れます。

ケトルタイプの場合は、重曹と酢をそれぞれ大さじ1杯ずつ。

❷電気ポットもケトルタイプも、水をメモリいっぱいまで入れます。

❸電気ポットは、お湯が沸騰したら保温したまま約1時間おきます。

その後、お湯を全てノズルから通して捨てましょう。

ケトルタイプは、沸騰させて30分たったら、もう一度お湯を沸騰させます。

その後は、注ぎ口から流しましょう。

❹最後は、水でもう一度洗い流します。

電子レンジはチンして掃除

電子レンジだけに「チン」して楽に掃除が出きます。

あとは拭き取るだけで掃除が完了するので、余計な手間はかかりません。

電子レンジの掃除方法

❶コップに大さじ2杯の重曹と大さじ2杯の水を入れて、混ぜ合わせる。

❷コップに入った重曹水を500Wで約2分間チンします。

❸外から確認して、蒸気が出ていたら約15分間放置します。

重曹水の蒸気が電子レンジ内の汚れを浮かせてくれます。

温度が低かったりすると、温まっていないので蒸気が出ているのを確認してから時間をおきましょう。

❹その後は、乾いた布やキッチンペーパーで拭き取りましょう。

めんどくさい人は3点セット

ぶっちゃけ、ドラックストアで買うのがめんどくさいからネットで購入した方が安いし早いのは確か。

重曹の落とし穴

重曹による黒ずみ

重曹は色々活用できて便利ですが、苦手なデメリットもあります。

重曹は弱アルカリ性の効果で、アルミや生木の製品を黒くさせる原因になります。

アルミ素材の製品やまな板などの木には注意が必要です。

重曹によるアレルギー

アレルギーの種類も色々ありますが、中にはアルカリ性に反応するアレルギーの方もいます。

触れると痒くなったり、違和感を感じたら直ぐに洗い流しましょう。

使用する時は、ゴム手袋をつけて使用しましょう。

あとがき

いかがですか。

重曹を持っているけどあまり活用できてない人でも、新しい発見があったのではないでしょうか。

年末の大掃除や引越し、大掛かりな掃除から普段の掃除で活用してみましょう。

今回は【コスパ最強!「重曹」が万能だった! 消臭・掃除の活用術】をご紹介しました。

参考:3秒で「重曹風呂」がデキた!浸かるだけで汚れやニオイを除去

タイトルとURLをコピーしました