酢玉ねぎレシピの万能調味料!秘めたパワーとは

食の話

酢玉ねぎの効果で 体イキイキ

レモン酢、酢ショウガに引き続き、今回は「酢玉ねぎ」をご紹介します。

酢玉ねぎは幅広い料理に活用できるので、重宝しておきたい。

しかも、高血圧や血糖値の改善など、体に良い効果を与えてくれます。

さらに、酢やハチミツなどと合わさることで、美容や健康に大きな効果をもたらしてくれます。

毎日の料理に、「酢玉ねぎ」を活用してみましょう。

玉ねぎの効果で、広く知られている効果は「血液サラサラ」などが代表的。

さらに、血管が拡張し、血液がスムーズに運ばれることで栄養を満遍なくいき届けてくれます。

この効果で、美容にも期待されています。

きちんと栄養を取っているのに、栄養が行き届かなければ意味がありませんからね。

また、女性の7割の人は冷え性。

さらには、体脂肪が燃えにくく、ヤセにくい体質の人も多い。

これらは、血行をスムーズにしてあげることで改善することができる。

酢玉ねぎの効果で、病気の予防、健康で美しい体を作っていきましょう。

酢玉ねぎでダイエット効果

糖質や脂質の吸収を抑える

玉ねぎには、食物繊維やオリゴ糖が豊富に含まれています。

これらは、ダイエットにとってスゴくありがたい物質。

これらの成分は本来、人間の体では分解できずに、そのまま排出する特徴を持っています。

その時に、余分な糖質や脂質を吸着して一緒に排出してくれるのです。

また、酢に含まれているクエン酸が、体の代謝を活発にしてくれる働きがあり、体脂肪の燃焼させる働きがあります。

また、揚げ物や油物の料理に、酢玉ねぎを入れることで、

血糖値の上昇を緩やかにしてくれる効果があり、脂肪吸収を抑えてくれる。

酢玉ねぎで 腸内環境を改善

便秘解消の手助けに

怖い話にはなりますが、ガンの死亡原因1位で、男性は肺がん。

女性は大腸ガン。女性は、さまざまな理由から男性と比べて便秘になりやすいとのこと。

便秘は大腸ガンを引き起こす原因の1つと言われています。

腸内環境を整えることは、これらの病気を未然に防げたり、予防にも繋がる。

玉ねぎに含まれている食物繊維やオリゴ糖は、腸の善玉菌のエサになるので、

腸内細菌のバランスを整えてくれる働きがあります。

また、これらの成分には、硬くなった便を柔らかくしてくれる効果があるので、便秘の人は排出しやすくなります。

酢玉ねぎで アンチエイジング効果

活性酸素を除去して若返り

玉ねぎに含まれている成分には老化を防いでくれる物質が2つ含まれている。

ケルセチンとグルタチオンです。

これら2つの成分は、強い抗酸化作用があり、体内で発生したサビ物質(活性酸素)を除去してくれる働きがあります。

活性酸素は、老化は早める悪いイメージですが、良い一面もあって、悪い菌や物質から体を守ってくれる。

ですが、激しい運動をしたり、不規則な生活、ストレスなどの原因で活性酸素が増えすぎると、

元気なタンパク質まで攻撃して、体をサビらせてしまうのです。

増えすぎた活性酸素は、玉ねぎに含まれているような抗酸化物質で除去していきましょう。

酢玉ねぎで 糖尿病の予防・改善

血糖値の上昇を下げる

玉ねぎに含まれている成分には血糖値を下げる働きがあります。

硫化アリル、ケルセチン、グルタチオンの3つです。

インスリンの働きを良くしてくれて、血糖値の上昇を防ぐ効果があります。

酢にも、食事をした後の血糖値を緩やかにする効果があるのです。

また、食前食後に酢玉ねぎを摂取すると、さらに血糖値上昇を抑制する効果が高まります。

ぜひ、日頃の食事に取り入れてみて糖尿病を予防・改善してはどうでしょう。

酢玉ねぎでアレルギー緩和

抗アレルギー効果で 症状を軽減

玉ねぎに含まれている、ケルセチンには、色々なアレルギーの症状を軽減する作用が分かってきた。

また、「肺、目、鼻腔」などを守る抗炎症作用があり、アレルギー症状の原因である、ヒスタミンを抑制する作用があります。

さらに玉ねぎには、抗酸化作用もあり白血球の働きが活性化し、アレルギー症状が出にくくする効果も。

また、酢玉ねぎの「酢」を「黒酢」で作ることで効果UPします。

酢玉ねぎの簡単レシピ

材料 ・「玉ねぎ」2個
・「米酢」200~300ml
・「はちみつ」大さじ3〜4
酢玉ねぎの選び方 ・玉ねぎの根からヒゲが生えていたり、先端から芽が出ているのは避けましょう。発芽の際、栄養分が減っている。

玉ねぎを持った時に、新鮮で重みがあり、皮の表面にはギズが無く、乾燥しているもの。

また、紫玉ねぎを選ぶと効果が増えます。紫玉ねぎには、ポリフェノールの一種である「アントシアニン」が含まれている。

・眼精疲労・抗酸化作用で美肌効果・生活習慣病の予防など

酢玉ねぎの切り方 ①玉ねぎの皮をむいて縦半分に切る。玉ねぎの芯は取り除き、繊維に沿って薄くスライス。

②容器の中に、切った玉ねぎを敷き詰めて、ハチミツを加える。

③米酢を入れながらスプーンなどを使い、ハチミツと酢をきちんと混ぜ合わせる。

保存期間 ・1週間〜10日(酢よりも殺菌作用が強い、乾燥した唐辛子を入れると、賞味期限が伸びる。ですが、自己責任で。)

・要冷蔵。

・使用する時は、使うたびに綺麗な箸やスプーンを使いましょう。

使い回しはNG。そこから菌が繁殖して腐らせてします。

いかがですか。

酢玉ねぎは、私たちの体を健康に整えてくれる効果もありますが、美容のためにも欠かせない。

今回は【酢玉ねぎレシピの万能調味料!秘めたパワーとは】をご紹介しました。

ぜひ、日頃作っている料理に酢玉ねぎを取り入れてみてください。

参考:『酢玉ねぎ』のドレッシング&ソースのレシピもどうぞ。

参考:『酢ショウガ』『レモン酢』のレシピも合わせてどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました