暮らしスタイル

週2回の有酸素運動で『若返りホルモン』をバンバン出す

私がなぜ、週2回の有酸素運動にこだわっているのか?

目的は、

・若返りホルモンの分泌

・細胞を修復するヒートショックプロテインを活性化

この2つ効果を出す為に、週に2回ランニングしてます。

若返りホルモンを分泌するだけなら、「スロートレーニング」といわれる方法でもいいかもしれないけど私の場合!

『どうせ運動するなら効率よく若返りたい!』ということで、ランニングによる若がりホルモンと、HSPをバンバン出すようにしてます。

「HSP」について良くわからないと思うので、詳しい記事をどうぞ。これも若返りの為に実践している1つです。

また、私が実践している運動は、普段から運動していない人がいきなりするとキツイだけです。

コツがあって「ハアハア」なるくらい負荷をかけないと、それ相応の効果が得られません。

普段から運動しない人は、ランニングで得られる効果よりは低いけど、スロートレーニングで若返りホルモンを出した方がいいかもです。

では、私が実践している方法と効果を書いていきますね。

若がりホルモンは歳とると下がる

若がりホルモンとは、成長ホルモンのことで年齢とともに下がることがわかってます。この若がりホルモンですが、どうな作用があるの?って疑問に思いますよね。

この若がりホルモンの効果は!

・記憶力や意欲を高める
・骨の成長・発達や骨量を保つ
・生殖機能を正常に保つ
・免疫機能を保つ
・脂肪代謝の促し、溜めない
・糖代謝を保つ
・筋肉量を保つ
・水分量を保つ

など、若さの象徴ともいえる作用があります。

ま〜!簡単な話、「美容面や健康面」で、めちゃくちゃ作用すると思ってください。

特に、「ハリ、コシ、ツヤ」は若い子の特許みたいなもので、若がりホルモンと関係してます。

1番多く分泌される年齢は、15歳〜17歳前後の思春期が1番。

多く分泌する思春期が100%としたら、20代から減少していき、30〜40代では25%、60代では15%も減少するんです…!

あまりにも落下スピードが早いですね!そりゃ、老けていくワケだ!!

HSPの効果

少しだけ効果を説明しておくと、HSP(ヒートショックプロテイン)とは、細胞内のダメージを受けたタンパク質を保護する作用があるんです。

ストレスタンパク質だったり、熱ショックタンパク質などといわれてますね。

HSPも種類も「HSP47、60、70、90」など、それぞれの働きは違ってきます。

ざっくり説明すると!

・紫外線の損傷の軽減
・コラーゲン生産
・タンパク質の構成を維持
・メラニン生産の抑制
・シワ形成の抑制

など、研究がどんどん進んで明らかになってきています。このHSPを出す方法は、ヒートショックプロテイン入浴法が一般的で、40〜42°Cのお風呂につかるという方法です。

私が実践している記事があるので、参考にどうぞ!

また、運動をすることでHSPを出すこともできるので、入浴法と合わせてランニングをやっているというワケです。

HSPは、ぶっちゃけ効果がハッキリとわかりやすいからオススメです。試しに効果を実感してみたい人は、入浴法から試したらどうでしょう。

ランニングで若がりホルモンをHSPを出す

冒頭でも紹介しましたが、私は欲張りなので、若がりホルモンとHSPの2つの効果を得るためにランニングをやってます。

走っている日数は週に2日だけど、毎日実践しても大丈夫ですよ。

ただ、運動のしすぎは逆に老化に繋がります。

活性酸素が増えると体をサビらせ、老化を早める恐れがあるから、私の場合は週に2日がベストだと思ってます。

ま〜、キツイから毎日走りたくないだけですが…笑!

HSPを出す

まず、身体への負荷がない運動だと、HSPが増加しにくいです。

ポイントは、1日30分のランニングで60%くらいの負荷をかけると、HSPが増加するとのこと。

気持ち的には、「キツイな〜」と感じるくらいの運動です。

シンプルにこれだけ…!ま〜、走ることで気分も上がるし、HSPをあまり意識しなくてもいいでしょう〜。

若がりホルモンを多く分泌させる、ついでみたいなものですから。

若返りホルモンを出す 

運動学の教授であるArthur L. Weltman 博士らの研究によると、時速10kmからスタートして徐々に加速させるというランニング方法を、1回10分×3回すると、若返りホルモンの分泌量が1.8倍に上昇するとのこと。

さらに、1回10分という短い運動を複数回繰り返す方が、効率的に若がりホルモンを分泌できるので、私がランニングするときは、10分×3回だけです。

毎日すると、より効果があるとのことですが、そこまでは無理…!

いくら意識高い系の私でも、続けられる自信がないし若がりという広い視野で見たら、運動のやり過ぎは逆に良くない。

なので、私は週に2回ランニングするようにしてます。

まとめと感想

ランニングって、やる人とやらない人に二極化すると思っていて、大抵の人はやらない人が多いです!というか、やりたくない人。

無理に走れとはいいませんが、走ることで得られる効果は、若返りホルモンやHSPだけではなく、ストレス面でめっちゃ解消できます。

意外と、ダマされたと思って走ってみると、最後には「走ってよかった!」って思えるかもしれませんよ♫メンタル的にもアクティブになれるし!

私自信、ランニングは一石十鳥くらいのパフォーマンスがあると実感していて、興味がある方は実践して欲しいですね。

まー、若がりホルモンを出す方法は運動だけではないので、『睡眠や空腹』からホルモンを分泌させた方が簡単でしょうね〜。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

この記事が気にって頂けたら、シェアして下さると幸いです。

若返り実践記で試している記事も合わせてどうぞ。

若返りたい30代が、本気で試してる方法をまとめてみた もう…「若返りたい願望」という亡霊にとりつかれたように、どっぷりハマってます笑♫ 現段階でも増えつつあるので、『これ健康に...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA