老化の原因は食べ物も関係している!老化物質を増やさないコト

食の話

最近、老けたな~!って感じますか?年齢を重ねるとしょうがない…!

何て思ってませんか?老化現象は年齢を重ねるこことイコールではないのです。

最近になって、食事で摂取される物質が化学反応を起こして「老化現象」を進めていることがわかってきました。

今回は、老化物質の「AGE」に注目して〝若活〟していきましょう。

AGE(老化物質)とは?

Advamced Glycation End Productsの略で、人体のあらゆるタンパク質と糖が結合して糖化し、

そのままの状態にしておくと「老化物質のAGE」へと変化します。

このAGEが体に蓄積されていくと、(皮膚、血管、髪の毛、カラダ全体)に、悪影響を与えてしまいます。

ちなみに、人間の体は水分を除けば、ほとんどがタンパク質。

なので、体全体に影響を与える。

もともと正常なタンパク質が糖と化学反応を起こして、二度と正常に戻らないAGEと変わります。

それはつまり、正常なタンパク質が仕事をしなくなり、体に悪影響を及ぼす。

早い段階ならAGEへと変化する前に、自然に戻ることができるのですが、

AGEに変化したら、周りの正常なタンパク質までAGE化させて体の中に長い間、蓄積されたままになります。

血糖値が高い人は注意! AGEの量は大丈夫?

AGEに変化する一歩手前が「糖化」といいます。

糖化の状態は人間にとって問題ありません。

問題なのは、体内で糖が過剰に存在し続け、糖化が進みすぎてしまう場合です。

体内の糖の濃度が下がれば、タンパク質に付着した糖が定着せずに離れ、正常な状態に戻ることができる。

ですが、糖化したタンパク質の状態が一定時間さらされると、「終末糖化産物のAGE」へと変化させてしまう。

なので、AGEが増える原因は血糖値に比例する。

血糖値が高い状態は、血液中にブドウ糖が多く含まれており、高い状態が続くと糖化がどんどん進み、AGEが作られ続けるのです。

AGEが蓄積すると 「お肌」がやばい

お肌のたるみ、シワ、ほうれい線、ハリ、透明感、黄ばみ、などの原因は、

酸化がもたらすサビが原因と言われてましたが、最近では「糖化」についても大きな原因とわかってきました。

肌の老廃物を詳しく分析した結果で、糖化がもたらしたAGEが非常に多いことがわかったからです。

重要!糖化した顔の末路

顔の皮膚に糖化したAGEが蓄積されると、お肌の透明感が失われ、くすみの原因となります。

また、AGE自体が黄褐色なので肌が黄色っぽくなったり、くすんでしまうのです。

当たり前ですが、女子にとっては大切なお肌に「AGE」を溜めないケアも大切。

AGE美肌対策3原則! 作らず、増やさず、溜めこまず

ポイントは、血糖値を極力上げない生活にシフトチェンジすることです。

美肌目線で置き換えれば、糖質を控えた食事や代謝を上げる運動を含めて、血糖値を急激に上げない生活習慣の見直しが大切。

普段から(粉物、甘いスイーツ、ご飯、パン、麺類)などの糖質が高い食事が好きな人は控えた方がいいかもしれませんね。

血糖値が一気に上昇して、AGEが増える原因になり、同じような生活を毎日続けていれば、自ら老化を早めてしまう結果に。

血糖値をなるべく上げない食事方法は、1口30回~40回に分けてゆっくり食べる。

これだけでもAGEが作られにくくなります。

「血糖値を上げない=老化を遅らせる」ことが「美肌対策」に繋がります。

毎日、意識してみましょう。

AGEをためない食生活とは?

脂っこい食べ物、甘いスイーツ、パスタに丼物など、普通は我慢できません。

美味しい食べ物を我慢するくらいなら人生損する!と思う人もいるでしょう。

ですが、1日3食の内、1食だけ「AGE」を溜め込まない食生活に変えてください。

10年後には、3650回の食事を気にかけたことになります。

AGEの蓄積量は「血糖値」×「持続時間」で決まります。

単純に、1日1食のAGEを意識することで持続時間を減らすことができます。

これはやっている人と、やっていない人では、大きな差が出るのです。

老化を防ぐため、美味しい物を健康で食べ続けるために、1日1食だけAGEを溜め込まない食事を意識しましょう。

AGEをためない 「食べ方」のポイント

①「AGE」を多く含む食材を食べ過ぎないこと

焼き物、揚げ物など、高温調理することで「AGE」が増えます。『(生)<(蒸す、茹でる)<(煮る)<(炒める)<(焼く)<(揚げる)』の順番になります。

また、加工食品にも多く含まれています。(フランクフルト、ベーコン、バター、マヨネーズ、ハンバーガー)などの食品に多く含まれています。

毎日、食べ続けないようにしましょう。

②食物繊維の多い食品から先に食べる

食物繊維には、食後の血糖値の上昇を抑える働きがあり、消化と吸収をゆるやかにしてくれます。

急激な血糖値の上昇を防ぐことで「AGE」が増えにくくなります。

食べ方は「食物繊維→タンパク質→糖質」の順番で食べると、血糖値がゆるやかになります。

③外食のファーストフードは極力避ける

フライドポテト、ハンバーガー、甘いジュースのセットなど「AGE」の目線では、最悪の組み合わせ。

たまに食べたい時もありますが、なるべく控えるようにしましょう。

ファーストフード店には野菜というメニューがないお店もありますが、せめて食物繊維の野菜があれば先に食べたいところ。

④血糖値を抑える「酢、レモン」を活用

血糖値の上昇が防げることから、酢にはダイエット効果があると言われています。

また「酢」を携帯し、ランチや食事の時にかけて食べる人もいます。

食後の血糖値をコントロールするには抜群の効果。

もちろん、血糖値に比例して「AGE」の予防にもなります。

また、料理でも「酢やレモンなどの柑橘類」を積極的に使って行きましょう。

死ぬまで美肌!! 4大老化を防ぐ

今回のテーマは糖化が引き起こす「AGE」ですが、老化を進める原因はこれだけではありません。

美しさや若々しさを保つためにも「4大老化」をトータルでケアしていきましょう。

紫外線の光老化ケア

紫外線は主にA波〜C波の3種類あるが、問題なのはAとBの「UVA」と「UVC」です。

良い面もあって「紫外線の殺菌効果やビタミンDの生成、カルシウム吸収促進」など、

その他にも人間にとってたくさん良い面があります。

ですが美容に関しては、デメリットの方が高いといえます。

・日焼けで黒くなる

・シミやシワができる

・白内障の原因

・熱中症を引き起こす

・皮膚ガンの原因

など、美容や健康面ではデメリットを引き起こします。

季節によって紫外線が強い時期もありますが、季節に関係なく紫外線量が多い時間帯は、10時〜14時です。

紫外線対策はこまめに意識することでクリアできます。

日焼け止めは、顔だけではなく「腕、首、髪、太陽に触れる箇所全て」をケア。最低でも顔は必須でしょう。

酸化によるサビ老化ケア

鉄がサビることと同じで、人間の体も「活性酸素」という働きが原因で体がサビて、老化を早める現象を引き起こします。

「酸化を抑える方法」は別記事に詳しくまとめてます。

こちらをどうぞ。

乾燥による老化ケア

女性の肌トラブルといえば「お肌の乾燥」です。

乾燥が一番怖いのは、見た目を一気に老けさせてしまうこと。

乾燥で、小じわ、毛穴、肌荒れなどを引き起こし、老化を進める原因にもなります。

顔のうるおいを保つためにも、常に水分を摂取する生活習慣を身につけましょう。

1日2リットル。また、女性なら当たり前ですが、水分を逃さないためにも、化粧水や保湿効果が高いスキンケアも忘れずに。

こちらをどうぞ。

糖化の老化ケア

今回のテーマが糖化によるAGE対策で紹介しました。

補足で、ハリやツヤ感、透明感や弾力などを高めるのに大切な、コラーゲンを増やす方法も別記事に詳しくまとめてます。

こちらもどうぞ。

いかがでしたか。

最近わかってきた食事による老化。

自分の食生活を振り返って見ると、糖質中心の生活になっておりませんか。

糖質は人間の体にはとても大切ねエネルギー源。

ですが、溜め込みすぎると悪影響を及ぼすことだけでも知っておきましょう。

今回は【若活!老化の原因が判明。老化物質のAGEを減らす】をご紹介しました。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました