注目!アナタは何色?色の好みでわかる自分の性格

女子トーク

実は無意識の内に、気分を色に反映しています。
服の色を変えたり、身近な小物や模様替えをすると気分が変わることがありますよね。 人間は色と感情に対して深く関わっていることがわかっています。

ドイツの文学者ゲーテや、スイスの心理学者ルッシャーによれば、色の性質や気分に応じて無意識の内に色を選択。 そこで、色の好みが象徴するあなたの性格をチェックしてみましょう。

青色のイメージは、じっくり理性的かつ冷静に考えてから行動を起こす慎重派。物静かな性格を表す。他人に下品な印象を与えることを嫌い、清潔感を意識している。安定した性格の持ち主で、周囲との信頼関係に気を配り、礼儀を大切にした対人関係を心がてけている。少しプライドが高い傾向。

緑色のイメージは、優越感、自負心、賢固さなどを表す。控えめで目立ちたがらず、バランスを兼ね備え冷静に自己主張できる。我慢強く、堅実な考え方の傾向。

赤色のイメージは、欲望や、征服欲、男らしさなどを表す。色々な欲望の持ち主で、好奇心とパワーを兼ね備え、積極的に手に入れようとする行動派。感情の起伏があり、少し怒りっぽかったり、周囲を巻き込んだりする傾向。

黄色のイメージは、活動的で暖かさを表す。明るくて社交的な一面を持つ。野心に満ち、大きな夢をおうタイプである一方、勤勉家でもある。

紫色のイメージは、神秘性、エロチックなものを表す。繊細で感受性が強く、ロマンチストで心の豊かな人が多い。

茶色のイメージは、家庭や、家族、暖炉に象徴される安全性を表す。協調性があり、人付き合いが良い。

黒色のイメージは、断念、拒否、放棄、降伏などを表す。思うようにならない現状を変えようと努力するが、飽きっぽい面もある。また、バブル時期には黒色が流行し、自信の象徴とも言われれいる。

灰色

灰色のイメージは、我関せずという気持ちを表す。優柔不断で自己中心的、他者依存的なところがある。

いかがでしたか?

色の好き嫌いで性格を一概に表すことは難しいでしょうが、参考として判断していただければ幸いです。

ちなみに、日本人が好む色の傾向としては、年齢が若いほど明るくて鮮やかな色を好む傾向があり、年齢を重ねるごとに、色の明るさや、色の鮮やかさの度合いに変化があると言われています。 ぜひ参考にしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました